奥行き1mの果樹園

狭い庭で家庭菜園。完熟の果物を味わいたくて、小さな苗木から育てはじめ、美味しい実がなるようになりました。季節の花や野菜も育てています。庭に来る生き物や雑草も大切な仲間です。

ふれあい広場 庭の植物 植物の構造

マンサク科~トサミズキ(土佐水木)

更新日:

マンサク科トサミズキ属のトサミズキはなかなか面白い植物です。近所の病院のふれあい広場にたくさん植えられています。落葉低木ですが、幅をとるので狭い庭には不向きですね。冬に向かって葉が黄色くなってきました。土佐に自生していたことでこの名前が付きました。江戸時代から庭木や盆栽、切り花として楽しまれています。

トサミズキの特徴

トサミズキの穂状花序

トサミズキの蕾

株立ちの樹形で、樹高2~4m、2月中旬、蕾が付いています。

葉に先立って枝先に長さ8cmほどの穂状花序が垂れ下がるトサミズキ

葉に先立って枝先に長さ8cmほどの穂状花序が垂れ下がります。花期は3~4月。花序には花径8mm長さ15mmの7個ほどの淡い黄色の花が付きます。花弁は5枚、萼片5枚、雌しべ2本、雄しべ5本です。

赤い葯から黄色い花粉が零れてきたトサミズキ

葯が割れて黄色い花粉が出始めている雄しべがあります。葯は赤色から、だんだん茶色に変わっていきます。見るたびに形が変わっていきます。きれいというより変。

葯が赤色から、だんだん茶色に変わってきたトサミズキ

花が萎むとその根元から畳まれたトサミズキの新芽

花が萎むとその根元から葉の新芽が出てきます。花後もそのままに。葉がまだ畳まれています。葉の周りがプチプチのよう。

円形葉脈に沿って凹凸が顕著で、鋸歯が顕著なトサミズキの葉

葉は5~10cm、厚みがあり左右不同の円形葉脈に沿って凹凸が顕著で、鋸歯があります。
葉の縁が赤く彩られています。葉表は散毛が葉裏には軟毛が密生しています。

鮮やかな緑色になったトサミヅキの葉

4月、葉の色が鮮やかになってきました。葉も姿を変えていきます。トサミズキの魅力はこの葉にもあります。

トサミズキの若い茎は分岐点でジグザグに屈折する

若い茎は分岐点でジグザグに屈折しています。

色づいてきたトサミズキの葉

葉が色づいてしてきました。

果実

トサミズキの果実

果実は8~10mmの球形で緑色、花柱が角状に残っています。10~11月、熟すと褐色になり2裂して種子を出します。種子は光沢がある黒色で3~5mmの楕円形。一般的には種子ではなく株分けと挿し木で増やします。

人気の記事

ヒメムカシヨモギ(姫昔蓬) 1

オオアレチノギクノギハハコ属の越年草です。庭に顔を出したので育ててみました。 ヒメムカシヨモギの特徴 空き地や道端で誰でも見たことがあるヒメムカシヨモギ(姫昔蓬)、北アメリカ原産で明治時代に日本に来た ...

イヌホオズキ 2

北海道から沖縄まで道端、空き地、庭先など、我が物顔という訳でもないのですが何処にでもいつの間にか存在しています。イナホオズキ(ホオズキではないという意味)からイヌホオズキ(犬酸漿)になったといわれてい ...

クサギカメムシ 3

以前、室内で見かけたクサギカメムシがモモの汁を吸いにやってきました。今年はカメムシやカナブンなどが沢山やってきてモモの被害が甚大です。ちょっと憎たらしくなります。 クサギカメムシの特徴 カメムシ目カメ ...

-ふれあい広場, 庭の植物, 植物の構造

Copyright© 奥行き1mの果樹園 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.