奥行き1mの果樹園

狭い庭で家庭菜園。完熟の果物を味わいたくて、小さな苗木から育てはじめ、美味しい実がなるようになりました。季節の花や野菜も育てています。庭に来る生き物や雑草も大切な仲間です。

庭の植物 植物の構造 育て方

アヤメ科の植物~チリアヤメ(ハーベルチア)

更新日:

南米原産のアヤメ科チリアヤメ属(ヘルベルチィア属)の多年草です。日本には大正時代に帰化しました。羽を広げたような花の形から英名はプロペラー・プランツ。

チリアヤメの特徴

鮮やかな青紫色に金色に輝く花粉が映えてとても魅力なチリアヤメ

鮮やかな青紫色に金色に輝く花粉が映えてとても魅力的です。

草丈は8~12cm。葉は細く線状、葉先が尖ります。

朝花開いて夕方には枯れてしまう一日花です。花期は3~5月。

朝花開いて夕方には枯れてしまう一日花のチリアヤメの蕾

草丈は10cm前後と小さいのですが、花径は3cmと大きく目立ちます。

3本の雄しべと柱頭が2裂した雌しべが柱頭が3本のチリアヤメ

先が丸い大きな外花被片3枚と小さくて色の濃い内花被片が3枚あります。中央に3本の雄しべと柱頭が2裂した雌しべが柱頭が3本あります。雄しべの葯に黄色い花粉が沢山付いています。中央の白地に面白い青い斑紋があります。

チリアヤメの花の色が褪せ先が内側に折れて葯の先が内側に湾曲して花粉がこぼれています

1時半頃の花の様子です。葯の先が内側に湾曲して花粉がこぼれています。花びらの色が薄くなって先が内側に折れてきてしまいました。そろそろ花の終わりです。

果実

チリアヤメの果実

種ができています。

チリアヤメの種子

こんなにたくさん種が入っていました。

育て方

冬の日当たりがよく、乾燥気味で、痩せている土地が適しています。比較的耐寒性もあり、関東以西では地植えで冬を越します。

手入れ

込み合ってくるまでは植えっ放しでも大丈夫、踏まれても大丈夫。

増やし方

9~10月に球根の植え付け、分球、種まきをします。小さな紡錘型の薄茶色の球根で、比較的浅植えにします。針状の葉が数枚出てきます。こぼれ種からも増えます。種の場合は2シーズン先に花が楽しめます。

育てやすい植物です。

人気の記事

ヒメムカシヨモギ(姫昔蓬) 1

オオアレチノギクノギハハコ属の越年草です。庭に顔を出したので育ててみました。 ヒメムカシヨモギの特徴 空き地や道端で誰でも見たことがあるヒメムカシヨモギ(姫昔蓬)、北アメリカ原産で明治時代に日本に来た ...

イヌホオズキ 2

北海道から沖縄まで道端、空き地、庭先など、我が物顔という訳でもないのですが何処にでもいつの間にか存在しています。イナホオズキ(ホオズキではないという意味)からイヌホオズキ(犬酸漿)になったといわれてい ...

クサギカメムシ 3

以前、室内で見かけたクサギカメムシがモモの汁を吸いにやってきました。今年はカメムシやカナブンなどが沢山やってきてモモの被害が甚大です。ちょっと憎たらしくなります。 クサギカメムシの特徴 カメムシ目カメ ...

-庭の植物, 植物の構造, 育て方

Copyright© 奥行き1mの果樹園 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.