奥行き1mの果樹園

狭い庭で家庭菜園。完熟の果物を味わいたくて、小さな苗木から育てはじめ、美味しい実がなるようになりました。季節の花や野菜も育てています。庭に来る生き物や雑草も大切な仲間です。

庭に来た生き物

ヒトリガ科~スジベニコケガ(条紅苔蛾)

投稿日:

窓に停まっていた蛾はとても印象的、派手な模様のヒトリガ科コケガ亜科のスジベニコケガ(条紅苔蛾)でした。

スジベニコケガ

開帳32~48mm。北海道から九州に分布しています。黄色の地に朱色の細かな条紋が規則的に並び、濃褐色のⅤ字の条紋が入ります。雄の触角は絨毛状、雌は剛毛状。変異の多い品種です。成虫は5~9月に見られ年に2~3化見られます。春型の1化は色が薄く大型になります。雄は赤みが強くなり、雌は黄色味がかり雄より大型です。夜行性です。成虫は口吻がなく何も食べません。

スジベニコケガ

幼虫は地衣類や落ち葉を食べることからコケガの名が付いたそうですが、成虫以外の情報が見つかりません。

ヒトリガ科はヒトリガ亜科、コケガ亜科、カノコガ亜科からなり、ヒトリガとは夜行性で灯火に集まるという意味の火(灯、燈)取蛾、火(灯、燈)盗蛾の字があてられます。コケガ亜科はコケガとホソバからなりコケガは派手な模様を持ちホソバは模様がなくシンプルでスタイリッシュと対照的です。

 

人気の記事

ヒメムカシヨモギ(姫昔蓬) 1

空き地や道端で誰でも見たことがあるこの草、庭に出てきたので育ててみました。明治時代に日本に来た帰化植物です。鉄道建設に伴って広がっていきました。「御維新草」「明治草」「世代わり草」「鉄道草」と時代を写 ...

イヌホオズキ 2

北海道から沖縄まで道端、空き地、庭先など、我が物顔という訳でもないのですが何処にでもいつの間にか存在しています。イナホオズキ(ホオズキではないという意味)からイヌホオズキ(犬酸漿)になったといわれてい ...

クサギカメムシ 3

以前、室内で見かけたクサギカメムシがモモの汁を吸いにやってきました。今年はカメムシやカナブンなどが沢山やってきてモモの被害が甚大です。ちょっと憎たらしくなります。 クサギカメムシの特徴 カメムシ目カメ ...

-庭に来た生き物

Copyright© 奥行き1mの果樹園 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.