奥行き1mの果樹園

狭い庭で家庭菜園。完熟の果物を味わいたくて、小さな苗木から育てはじめ、美味しい実がなるようになりました。季節の花や野菜も育てています。庭に来る生き物や雑草も大切な仲間です。

庭の植物 植物の構造

アブラナ科の植物~スウィートアリッサム

更新日:

色々な花色があって小さな花がたくさん集まったくす玉のような手毬のような形も可愛いですね。明るい緑色の葉も花色を引き立てます。別名、ニワナズナ(庭薺)、ニオイナズナ。いい香りがします。

スウィートアリッサムの特徴

手毬のようないい香りがするスウィートアリッサムの花

地中海沿岸の原産のアブラナ科ロブラリア属の常緑多年草です。以前はアリッサム属に分類されていて、今も「アリッサム」の名前で呼ばれています。

花期は2~5月。夏を越せれば9~11月にも花を付けます。白、ピンク、紫色、黄色、紅色と花色が豊富で、株一面が花で覆われます。

球形に花に覆われるスウィートアリッサム

花は2~8cmの総状花序で半球状から球形に沢山の花を付けます。

花弁は4枚、雌しべ1本、雄しべ6本の白い花スウィ-トアリッサム

花径5mmほど、花弁は4枚、雌しべ1本、雄しべ6本。

毛だらけで優しい緑色のスィートアリッサムの葉

草丈5~12cm。茎はよく分岐し、幅は15~40cmに広がります。葉は2~3cmの線形または披針形で全縁です。毛が生えています。

果実

スィートアリッサムの短角果

果実は3mmの短角果です。とても小さな種が入っています。

育て方

耐寒性はありますが霜よけは必要です。原産が地中海沿岸のため高温多湿が苦手で根腐れやの原因になりますす。日照不足が株が弱り、病気の原因になります。

手入れ

花が終わったら摘み取ります。梅雨の時期には茎から切り取ります。茎の切り取りが夏越しの可能性が増します。秋には脇芽が出てきます。

種蒔き

夏越しができなくてもこぼれ種でよく増えます。種蒔きは秋。苗は春と秋に出回ります。

スノープリンセスなどのスーパーアリッサムが出回っています。夏に強く大型で斑入りなどの品種もあります。
アリッサムは小さい方が可愛い気がします。

人気の記事

ヒメムカシヨモギ(姫昔蓬) 1

オオアレチノギクノギハハコ属の越年草です。庭に顔を出したので育ててみました。 ヒメムカシヨモギの特徴 空き地や道端で誰でも見たことがあるヒメムカシヨモギ(姫昔蓬)、北アメリカ原産で明治時代に日本に来た ...

イヌホオズキ 2

北海道から沖縄まで道端、空き地、庭先など、我が物顔という訳でもないのですが何処にでもいつの間にか存在しています。イナホオズキ(ホオズキではないという意味)からイヌホオズキ(犬酸漿)になったといわれてい ...

クサギカメムシ 3

以前、室内で見かけたクサギカメムシがモモの汁を吸いにやってきました。今年はカメムシやカナブンなどが沢山やってきてモモの被害が甚大です。ちょっと憎たらしくなります。 クサギカメムシの特徴 カメムシ目カメ ...

-庭の植物, 植物の構造

Copyright© 奥行き1mの果樹園 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.