奥行き1mの果樹園

狭い庭で家庭菜園。完熟の果物を味わいたくて、小さな苗木から育てはじめ、美味しい実がなるようになりました。季節の花や野菜も育てています。庭に来る生き物や雑草も大切な仲間です。

庭の植物 野菜

空豆と孤独な鳥と花たち

更新日:

鳥たちの声が高く、にぎやかになってきました。

空豆とヒヨドリとサクランボの今

ソラマメ

春の香りを運ぶ空豆が元気になってきました。面白い花ですね。

琵琶の種だけが落ちていました。上手に食べるものです。例年収穫は6月なのですが、今年は部分的にすっかり大きくなり色付いていて、すでに鳥たちがついばんだ跡があちこちに見受けられます。

;

メジロは、いつも2羽一緒に仲良くやってきますが、この子は いつも一人で来て、この場所がお気に入りで、花をついばんでは、またここに戻り休憩中です。この下は大変なことになっています。三つ葉を植えているのですが、移植しないと。

サクランボの木にはいつもメジロが番でやってきます。さてサクランボは若葉が出てきて

🍒の赤ちゃんがいますよ。

玄関には

レモンの根元にビンカミノール(ヒメツルニチニチソウ)が咲き始めました。可愛い花で、地を這うようにどんどん増えていきます。庭をにぎわせってくれるのですが、時々整理をしていかないと大変なことになります。アリの巣になってしまったことがありました。

そのそばにはクリスマスローズが咲いています。クリスマスローズは色の種類も多く楽しめますね。うちには5種類ありますが、名前は覚えられません。

ツルニチニチソウ

イチゴの木の根元にはツルニチニチソウがさきはじめました。これもまたどんどん伸びてしまいます。先日、古い茎をバッサリと整理をしたところです。みずみずしい斑入りの葉っぱに青が映えます。もうすぐ都忘れやフリージアが楽しめそうです。

人気の記事

ヒメムカシヨモギ(姫昔蓬) 1

オオアレチノギクノギハハコ属の越年草です。庭に顔を出したので育ててみました。 ヒメムカシヨモギの特徴 空き地や道端で誰でも見たことがあるヒメムカシヨモギ(姫昔蓬)、北アメリカ原産で明治時代に日本に来た ...

イヌホオズキ 2

北海道から沖縄まで道端、空き地、庭先など、我が物顔という訳でもないのですが何処にでもいつの間にか存在しています。イナホオズキ(ホオズキではないという意味)からイヌホオズキ(犬酸漿)になったといわれてい ...

クサギカメムシ 3

以前、室内で見かけたクサギカメムシがモモの汁を吸いにやってきました。今年はカメムシやカナブンなどが沢山やってきてモモの被害が甚大です。ちょっと憎たらしくなります。 クサギカメムシの特徴 カメムシ目カメ ...

-庭の植物, 野菜

Copyright© 奥行き1mの果樹園 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.