奥行き1mの果樹園

狭い庭で家庭菜園。完熟の果物を味わいたくて、小さな苗木から育てはじめ、美味しい実がなるようになりました。季節の花や野菜も育てています。庭に来る生き物や雑草も大切な仲間です。

庭の植物 植物の構造 野菜

シソ科の植物~シソと仲間たち

更新日:

シソはシソ科シソ属で、ヒマラヤ、ビルマ、中国原産。名の由来はカニを食べすぎて食中毒になった若者を後漢の名医と言われた「華柁」が紫色の薬で救ったことによります。紫と蘇るで紫蘇。庭の一角に毎年わんさかこぼれ種で増えます。

特徴

しぞの葉

シソの葉が大好きなのはハスモンヨトウ、ベニフキノメイガの幼虫、ハダニやバッタにも要注意です。今年は食害が少なかったのですが、雑草を取らなかったからでしょうか。

シソの花は白い点にしか見えませんが、拡大すると不思議な形です。蕚は筒状になって先端が5つに分かれています。花は筒状になっている合弁花、雄しべが先に、雌しべが後で熟して自家受粉しないようなシステムです、これはシソ科の特徴です。シソ科はみんな変わった花です。

シソの花

シソの花

シソの花

果実

シソの果実

茎にも毛が沢山、蕚は花の時より長くなり反り返って、やはり軟毛が沢山生えています。子房が2つに割れ4部屋に分かれて、種が1つずつ入ります。

シソの果実

熟すと黒くなります。やがて右端のように破れて爆ぜます。鼻息で飛んでしまうぐらい小さい種子です。

栄養素が豊富で健胃作用、食中毒予防の効果があります。

同じシソ属のエゴマの種子から採った油は健康食品として有名ですね。葉や実にはアレルギー疾患に効果があるといわれています。漢方では気の停滞を改善し精神安定の薬として使われています。

シソ科の植物

ブルーサルビアにルリマルノミハムシ

ブルーサルビア

ブルーサルビア
シソ科~髭を生やした鮮やかなブルーサルビア

ブルーサルビアは北、中央アメリカ原産のシソ科、サルビア属。シソ科らしい変わった形と目が覚めるような鮮やかな青色が魅力です。学名はサルビア・ファリナセア、英名はメアリーセージ。日本には昭和の初めに観賞用 ...

続きを見る

タツナミソウ

タツナミソウ

タツナミソウ(立浪草)
シソ科の植物~タツナミソウ(立浪草)とシソバタツナミ(紫蘇葉立浪)

タツナミソウの特徴 岩陰に群生しているタツナミソウ(立浪草)を見つけました。花が一方向に向いている様子が波頭の様に見えることからこの名が付けられました。シソ科タツナミソウ属の多年草。草丈は20~40c ...

続きを見る

ローズマリー

ローズマリー

ローズマリー
シソ科の植物~ローズマリー

ヨーロッパでは、紀元前から沢山のエピソードがあり、キリスト教とも深いかかわりを持ち冠婚葬祭の場に欠かせない悪魔から守る神秘のパワーを持つ植物です。そしてシソ科らしい美し花です。 ローズマリーの特徴 地 ...

続きを見る

バジル

バジル

フェアリーピンク

フェアリーピンク

ピティロディア・フェアリーピンク
シソ科の植物~ピティロディア(フェアリーピンク)

ピティロディアはオーストラリア西部原産。シソ科ピティロディア属の常緑低木です。(クマツズラ科、ヴァーベナ科の所属の記載もあります)フェアリーピンクの名で流通されていますが、あまり目にしません。 ピティ ...

続きを見る

植物や生物、見飽きることがありません。

人気の記事

ヒメムカシヨモギ(姫昔蓬) 1

空き地や道端で誰でも見たことがあるこの草、庭に出てきたので育ててみました。明治時代に日本に来た帰化植物です。鉄道建設に伴って広がっていきました。「御維新草」「明治草」「世代わり草」「鉄道草」と時代を写 ...

イヌホオズキ 2

北海道から沖縄まで道端、空き地、庭先など、我が物顔という訳でもないのですが何処にでもいつの間にか存在しています。イナホオズキ(ホオズキではないという意味)からイヌホオズキ(犬酸漿)になったといわれてい ...

クサギカメムシ 3

以前、室内で見かけたクサギカメムシがモモの汁を吸いにやってきました。今年はカメムシやカナブンなどが沢山やってきてモモの被害が甚大です。ちょっと憎たらしくなります。 クサギカメムシの特徴 カメムシ目カメ ...

-庭の植物, 植物の構造, 野菜

Copyright© 奥行き1mの果樹園 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.