奥行き1mの果樹園

狭い庭で家庭菜園。完熟の果物を味わいたくて、小さな苗木から育てはじめ、美味しい実がなるようになりました。季節の花や野菜も育てています。庭に来る生き物や雑草も大切な仲間です。

庭の植物 植物の構造 野草 雑草

アカザ科の植物~シロザ(白藜)

更新日:

シロザは白藜と書きますがこの難しい「藜」という字は音読み「レイ」訓読み「あかざ」

真ん中が赤いのはアカザ、アカザもシロザもほうれん草の仲間です。若い葉を茹でるとほうれん草と同じような味で食糧難の時にはよく食べられていたそうです。生薬としても使われ、民間療法では揉んで虫刺されや皮膚疾患に塗るなどに使われるそうです。食べられるとは知りませんでした。

シロザの特徴

シロザの花と果実

アカザ科、アカザ属の一年草です。ユーラシア大陸原産で古い時代の帰化植物です。

白い粉に覆われえたようなシロザの葉

白い粉に覆われたような若葉はシロザの特徴です。若い葉や葉裏、茎にも白い粉をふいたような細かい毛が生えています。上の方は細く小さな葉ですが、下の方の葉は下の写真のような菱形から卵形の形をしています。不規則な鋸歯があります。最初は青く色が付き、その後赤の色が混じってきました。

シロザの下部のひし形の葉は青く色づきその後赤みも差してきた

シロザの茎は固く切ると白い汁が出てきた

茎は硬く草丈は60~150cmほどの高さになります。切ると白い液が出てきます。所々赤く色付きます。

花弁はなく5本の雄しべがあるシロザの花

花期9~10月穂状に花を付けます。約1mm、薄緑色のがくが5裂、花びらはありません。不思議な形をしています。雄しべは5本、雄花と雌花の開花時期がずれていて、自家受粉しないようになっています。雌花は柱頭が飛び出しています。

果実

シロザの5角形の果実

果実は5角形。

色づいてきたシロザの5角形の果実

色づいてきました。

平たい円形、1.2mmで艶のある黒色の果実が零れたシロザの果実

種がこぼれました、平たい円形、1.2mmで艶のある黒色です。

人気の記事

ヒメムカシヨモギ(姫昔蓬) 1

空き地や道端で誰でも見たことがあるこの草、庭に出てきたので育ててみました。明治時代に日本に来た帰化植物です。鉄道建設に伴って広がっていきました。「御維新草」「明治草」「世代わり草」「鉄道草」と時代を写 ...

イヌホオズキ 2

北海道から沖縄まで道端、空き地、庭先など、我が物顔という訳でもないのですが何処にでもいつの間にか存在しています。イナホオズキ(ホオズキではないという意味)からイヌホオズキ(犬酸漿)になったといわれてい ...

クサギカメムシ 3

以前、室内で見かけたクサギカメムシがモモの汁を吸いにやってきました。今年はカメムシやカナブンなどが沢山やってきてモモの被害が甚大です。ちょっと憎たらしくなります。 クサギカメムシの特徴 カメムシ目カメ ...

-庭の植物, 植物の構造, 野草 雑草

Copyright© 奥行き1mの果樹園 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.