奥行き1mの果樹園

狭い庭で家庭菜園。完熟の果物を味わいたくて、小さな苗木から育てはじめ、美味しい実がなるようになりました。季節の花や野菜も育てています。庭に来る生き物や雑草も大切な仲間です。

ふれあい広場 庭の植物 植物の構造 育て方

バラ科の植物~シロヤマブキ(白山吹)

更新日:

近くの病院のふれあいの広場のベンチの裏側に隠れるように植えられています。本州の中国地方の石灰岩地に自生しています。中国、朝鮮に見られます。自生数が減ってレッドリスト絶滅危惧種1Bになっています。

シロヤマブキの特徴

シロヤマブキのの明るい葉の色と清楚な白い花

バラ科シロヤマブキ属の落葉低木です。明るい葉の色と清楚な白い花、赤から艶のある黒色に変わる果実も魅力的です。

シロヤマブキの葉脈が凹んだ葉

樹高1~2m。若い枝は灰褐色、最初は白い軟毛があり、対生に分岐します。葉は幅2~5cm、長さ5~10cm、卵形、基部は円形で先端が尖り縁には鋸歯があります。葉柄は2~5mm。葉脈が凹んでいます。表面には毛が散見しています。葉裏には絹毛が密集しています。小苞があります。鋸歯がある萼片は4枚。萼片、花柄には軟毛があります。秋には条件が良ければ黄色の紅葉が見られます。

絹毛が密集したシロヤマブキの葉裏

シロヤマブキ(白山吹)の花

花期4~5月。新しく出た側枝の先に1個の花を付けます。花径は4cm、広円形の白色の花弁が4枚、雌しべは4本、多数の雄しべを持つ両性花です。

果実

シロヤマブキの真っ赤な果実

7月果実が大きくなってきました。緑色から赤色に、そして4個の果実が光沢のある黒色に変わります。そう果です。

光沢のある黒色に変わったシロヤマブキの4個の果実

育て方

乾燥に弱いですが寒さに強く半日陰で丈夫に育ちます。

剪定方法

冬の休眠期に古い枝を根元から切り落とし、株を更新していきます。

増やし方

挿し木からも種からも増やせます。種は果肉を取り除いて一晩水に浸けてから蒔きます。花が付くまでには2~3年かかります。

病害虫

目立った病害虫はありません。

似た名前のヤマブキとシロヤマブキの違い

ヤマブキはヤマブキ属で別種です。白いヤマブキはシロバナヤマブキです。

  • ヤマブキは花弁5枚、シロヤマブキは4枚。
  • ヤマブキは葉の付き方が互生、シロヤマブキは対生。
  • ヤマブキの実は褐色、シロヤマブキは黒色。
  • ヤマブキの花は密集して咲きますが、シロヤマブキはまばらに咲きます。

関連記事

名前は似てても別種のヤマブキ(山吹)です。

ヤマブキの花
バラ科の植物~ヤマブキ(山吹)

北海道から九州の日本の明るい林の木陰に群生する日本原産種です。中国にもあります。万葉集にも17首詠まれていて古来より親しまれていた花です。 名の由来はーしなやかな茎が風に揺れる様を表した「山振」(振( ...

続きを見る

人気の記事

ヒメムカシヨモギ(姫昔蓬) 1

オオアレチノギクノギハハコ属の越年草です。庭に顔を出したので育ててみました。 ヒメムカシヨモギの特徴 空き地や道端で誰でも見たことがあるヒメムカシヨモギ(姫昔蓬)、北アメリカ原産で明治時代に日本に来た ...

イヌホオズキ 2

北海道から沖縄まで道端、空き地、庭先など、我が物顔という訳でもないのですが何処にでもいつの間にか存在しています。イナホオズキ(ホオズキではないという意味)からイヌホオズキ(犬酸漿)になったといわれてい ...

クサギカメムシ 3

以前、室内で見かけたクサギカメムシがモモの汁を吸いにやってきました。今年はカメムシやカナブンなどが沢山やってきてモモの被害が甚大です。ちょっと憎たらしくなります。 クサギカメムシの特徴 カメムシ目カメ ...

-ふれあい広場, 庭の植物, 植物の構造, 育て方

Copyright© 奥行き1mの果樹園 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.