奥行き1mの果樹園

狭い庭で家庭菜園。完熟の果物を味わいたくて、小さな苗木から育てはじめ、美味しい実がなるようになりました。季節の花や野菜も育てています。庭に来る生き物や雑草も大切な仲間です。

庭の植物 植物の構造 育て方 自然教育園

センリョウ科~センリョウ(千両)

更新日:

お正月の縁起物のセンリョウがふっくらつややかになってきました。千両の赤と黄、蕾が立ち上がってきた日本水仙の白で冬の庭も華やかになります。センリョウ科センリョウ属の常緑小低木です。センリョウの他の属名はクロランサス、ギリシャ語で黄緑の(クロロス)花(アントス)の意味です。ヒトリシズカやフタリシズカも同じセンリョウ科です。

センリョウの特徴

%e5%8d%83%e4%b8%a1%e8%b5%a4%e8%89%b2%e5%ae%9f

黄色の実のキミノセンリョウです。植えた覚えのない木です。鳥からのプレゼントでしょう。

キミノセンリョウ

キミノセンリョウ

高さ50~100cm。対生、幅4~6cm、葉身10~15cm、の長楕円形で先は尖り鋸歯があります。葉も艶があって優しい緑色をしていて赤や黄色が映えます。結構虫食いや色あせもあって葉をきれいに育てるのは結構大変です。

センリョウの花

花期は6~7月。センリョウの花は原始的で不思議な花です。風媒花なので派手な花の必要もないのでしょう。同じ風媒花のヤマモモも地味な花です。両性花で、花びらもなく蕚もありません。緑色の部分が雌しべ、その横に白い雄しべが1個、雄しべの左右に黄色い葯が付いてます。葯が破れると黄色から褐色に変わっていきます。

果実

キミノセンリョウ

核果で直径5~7mm、上の写真の中央の2個並んだ実には2つの大小の黒っぽい点が見えます。大きいほうが雌しべの子房に付いていた柱頭の跡で、小さな点が、雄しべの跡です。10~2月頃まで楽しめますが、鳥たちも狙っています。

育て方

比較的温暖な林の常緑樹の下に自生しています。木の下は苦手な西日を避けることも出来、寒さ、霜からも守ってもらえます。80cmほどとコンパクトで樹形も乱れにく比較的育てやすい種類です。花粉が出るころに雨が多いと花粉が濡れて花付きが悪くなることがあります。またあまり日当たりが悪すぎても花付きが悪くなります。

剪定

あまり込み合うと風通しが悪くなります。短い枝や枯れた枝などは取り除きます。実の付いた枝を地際から切ってまだ実の付いていない新しい枝を育て株を若返らせます。

増やし方

種蒔き、挿し木、株分けで。種蒔きは3月。種は3か月ほどで芽は出ますが、実がなるまでは3年ほどかかります。挿し木は、5~6月頃。株分けは4~5月。根を崩さないように気を付けて浅植えにします。

別名

  • クササンゴ(草珊瑚) 中国では漢方薬として使われています
  • タケフシソウ(竹節草) 確かに茎は竹の節のようにみえます
  • センレイソウ(仙霊草)
  • 江戸時代までは仙寥と書かれていました。

センリョウの種類

  • シロミノセンリョウ  白い実の付く珍しい品種、
  • キミノセンリョウ  美しい黄色の実をつける。赤い実の最寄り実の付きが少ない
  • 斑入りセンリョウ  白尾い覆輪やクリーム色の班を持つ品種
  • ムラサキセンリョウ 黒葉千両(烏葉千両、紫葉千両)ともいう 深紅の花と、赤い実、葉の葉表が深緑色、葉裏が濃い茶の品種。新芽は黒く特に美しい

縁起物

縁起物として正月に使われます。

億両 ツルシキミ ミカン科ミヤマシキミ属
万両 マンリョウ サクラソウ科ヤブコウジ属
千両 センリョウ センリョウ科クロランサス属
百両 カラタチバナ(唐橘)サクラソウ科ヤブコウジ属
十両 ヤブコウジ(藪柑子)サクラソウ科ヤブコウジ属
一両 アリドオシ(蟻通し)(有通し)アカネ科アリドオシ属 短枝が変化した刺がある。

天敵のムクドリがきーきー鳴いています。赤い実は狙われています。見るたびに減っているような気がします。網掛けが必要なようですね。

関連記事

同じセンリョウ科のヒトリシズカは↓ 面白い花です。

ヒトリシズカ(一人静)
センリョウ科~ヒトリシズカ(一人静)

ヒトリシズカはこんな名前を持っています。 ヒトリシズカ(一人蘇)は清楚な姿を静御前になぞらえたもの ヨシノシズカ(吉野静)は静御前が吉野山で舞った記録があり同じ由来から。 マユハケソウ(眉掃草)は花の ...

続きを見る

同じセンリョウ科のフタリシズカです。

フタリシズカ
センリョウ科~フタリシズカ(二人静)

フタリシズカとヒトリシズカ、同じセンリョウ科で、静御前ゆかりの名が付いていて趣のある野草ですが、その姿は異なるのものです。 フタリシズカの特徴 センリョウ科チャラン属の多年草で北海道からの山野に分布し ...

続きを見る

万両は

マンリョウ果実
サクラソウ科の植物~マンリョウ(万両)

一つ一つの花は地味ですが沢山つけるので華やか、葉は深みのある光沢がある緑色で、葉の下に付く赤い実は数が多く大きめで艶やかで目を引きます。季節を問わず和風の庭には欠かせない植物です。 マンリョウの特徴 ...

続きを見る

十両は

ヤブコウジ
サクラソウ科の植物~ヤブコウジ(藪柑子)

夏には葉の陰に下向きに小さな淡紅色の花を付け冬には小さな実が赤く色づき長く楽しませてくれます。常緑の葉は艶がありまた斑入りなどの品種もあり、カラーリーフやグランドカバーとして実のない時にも楽しめます。 ...

続きを見る

人気の記事

ヒメムカシヨモギ(姫昔蓬) 1

空き地や道端で誰でも見たことがあるこの草、庭に出てきたので育ててみました。明治時代に日本に来た帰化植物です。鉄道建設に伴って広がっていきました。「御維新草」「明治草」「世代わり草」「鉄道草」と時代を写 ...

イヌホオズキ 2

北海道から沖縄まで道端、空き地、庭先など、我が物顔という訳でもないのですが何処にでもいつの間にか存在しています。イナホオズキ(ホオズキではないという意味)からイヌホオズキ(犬酸漿)になったといわれてい ...

クサギカメムシ 3

以前、室内で見かけたクサギカメムシがモモの汁を吸いにやってきました。今年はカメムシやカナブンなどが沢山やってきてモモの被害が甚大です。ちょっと憎たらしくなります。 クサギカメムシの特徴 カメムシ目カメ ...

-庭の植物, 植物の構造, 育て方, 自然教育園

Copyright© 奥行き1mの果樹園 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.