奥行き1mの果樹園

狭い庭で家庭菜園。完熟の果物を味わいたくて、小さな苗木から育てはじめ、美味しい実がなるようになりました。季節の花や野菜も育てています。庭に来る生き物や雑草も大切な仲間です。

ふれあい広場 植物の構造 毒のある植物

ツツジ科の植物~セイヨウシャクナゲ(西洋石楠花)

更新日:

ここは近所の病院のふれあい広場です。シャクナゲの故郷はヒマラヤ、ここにはシャクナゲの野生種の群生があるとか。ヒマラヤはたくさんの動植物の誕生の地だそうです。ネパールの国花です。19世紀中頃、原種がヨーロッパにわたり品種改良され、日本には1930年渡来しました。

セイヨウシャクナゲの特徴

花木の女王、セイヨウシャクナゲ(西洋石楠花)

枝先に鮮やかな沢山の花をつけ、花木の女王と呼ばれます。別名ロードデンドロン。(常緑のものをこう呼び落葉性のものはアザレアと呼びます)
ツツジ科ツツジ属の常緑広葉低木です。西洋シャクナゲは白、ピンク、赤、黄色、紫と鮮やかで豊富な花色です。日本シャクナゲは白やピンク系の柔らかな色です。

厚く光沢のあるセイヨウシャクナゲ(西洋石楠花)の葉にはロドトキシンが含まれ有毒

葉は厚く光沢があり葉裏もつるんとしています。枝先に集まって互生につきます。日本シャクナゲは葉裏に毛があります。この葉にはロドトキシンが含まれ、血圧低下、吐き気、下痢、呼吸困難を起こし有毒です。ツツジ属には毒があるものが多く、蜂蜜で中毒を起こした例もあり、注意が必要です。厚生省のリスクプロファイルにも登場しています。若い枝は褐色、古くなると灰白色になります。

折り紙のようにきれいに折り畳まれていセイヨウシャクナゲ(西洋石楠花)の蕾

蕾がついています。まるで折り紙のようにきれいに折り畳まれています。枝先に5~12個ほどの花を付けます。一つの花が開いてきました。花期は4~6月。花冠は5裂、内部上部に斑点があり、雌しべ1本、雄しべは10本です。

セイヨウシャクナゲ(西洋石楠花)内部上部に斑点があり、雌しべ1本、雄しべは10本

果実

セイヨウシャクナゲ(西洋石楠花)果実、円柱形のそう果

果実は円柱形のそう果です。褐色になります。今この場所にはジョロウグモが糸を這っています。

育て方

高温多湿が苦手です。日当たリを好みますが、根元に直射日光が当たると枯れることがあります。

剪定
樹形が整うので大きな剪定は必要がなく、内向きの枝や込み合ったところを間引く程度でよい。種を付けないように花がらを摘み取ります。

増やし方
種蒔き、挿し木、とり木、接ぎ木。種は花を付けるまで4~5年かかります。挿し木は根付き易く簡単です。接ぎ木は台木のシャクナゲが必要で手間がかかりますが成長が早い。

病害虫
ハダニ、アブラムシ、グンバイムシが付きます

人気の記事

ヒメムカシヨモギ(姫昔蓬) 1

オオアレチノギクノギハハコ属の越年草です。庭に顔を出したので育ててみました。 ヒメムカシヨモギの特徴 空き地や道端で誰でも見たことがあるヒメムカシヨモギ(姫昔蓬)、北アメリカ原産で明治時代に日本に来た ...

イヌホオズキ 2

北海道から沖縄まで道端、空き地、庭先など、我が物顔という訳でもないのですが何処にでもいつの間にか存在しています。イナホオズキ(ホオズキではないという意味)からイヌホオズキ(犬酸漿)になったといわれてい ...

クサギカメムシ 3

以前、室内で見かけたクサギカメムシがモモの汁を吸いにやってきました。今年はカメムシやカナブンなどが沢山やってきてモモの被害が甚大です。ちょっと憎たらしくなります。 クサギカメムシの特徴 カメムシ目カメ ...

-ふれあい広場, 植物の構造, 毒のある植物

Copyright© 奥行き1mの果樹園 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.