奥行き1mの果樹園

狭い庭で家庭菜園。完熟の果物を味わいたくて、小さな苗木から育てはじめ、美味しい実がなるようになりました。季節の花や野菜も育てています。庭に来る生き物や雑草も大切な仲間です。

庭に来た生き物

セボシジョウカイ(背星浄海)

更新日:

綺麗な橙黄色のちょっとせわしない虫、セボシジョウカイです。刺激を与えるとぽたりと落ちてしまいます。

セボシジョウカイの特徴

セボシジョウカイは頭部と前翅の黒い紋(背星)が特徴だがこの個体にはない

特徴は、セボシ(背星)の名のように頭部と前翅の黒い紋があります。この個体のように紋がないものもあります。大きさは約10mmの小さな甲虫です。上翅に隆起が見られ皺があります。

上翅に隆起が見られ皺があるセボシジョウカイ

コウチュウ目ジョウカイボン科、北海道から九州の山地や平地に生息しています。カマキリムシによく似ていますが、カミキリムシが外骨格や鞘翅が固いの対し、ジョウカイボンは、全体的に柔らかい(軟鞘類)のが特徴です。カミキリムシはハムシの仲間、ジョウカイボンはホタルの仲間です。

セボシジョウカイは全体的に柔らかい(軟鞘類)です。

セボシジョウカイの一生

卵→幼虫→蛹→成虫の完全変態です。成虫は5~8月に見られます。この個体を見たのは5月。暑くなってからは見ていません。幼虫で越冬し、幼虫は小昆虫を捕食します。成虫は小昆虫や花粉や蜜を餌にしています。この写真のようにいかにも口器が肉食系の形をしています。前から見るとユーモラス。

調べても成虫以外の記述や写真が見つけられませんでした。

人気の記事

ヒメムカシヨモギ(姫昔蓬) 1

空き地や道端で誰でも見たことがあるこの草、庭に出てきたので育ててみました。明治時代に日本に来た帰化植物です。鉄道建設に伴って広がっていきました。「御維新草」「明治草」「世代わり草」「鉄道草」と時代を写 ...

イヌホオズキ 2

北海道から沖縄まで道端、空き地、庭先など、我が物顔という訳でもないのですが何処にでもいつの間にか存在しています。イナホオズキ(ホオズキではないという意味)からイヌホオズキ(犬酸漿)になったといわれてい ...

クサギカメムシ 3

以前、室内で見かけたクサギカメムシがモモの汁を吸いにやってきました。今年はカメムシやカナブンなどが沢山やってきてモモの被害が甚大です。ちょっと憎たらしくなります。 クサギカメムシの特徴 カメムシ目カメ ...

-庭に来た生き物

Copyright© 奥行き1mの果樹園 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.