奥行き1mの果樹園

狭い庭で家庭菜園。完熟の果物を味わいたくて、小さな苗木から育てはじめ、美味しい実がなるようになりました。季節の花や野菜も育てています。庭に来る生き物や雑草も大切な仲間です。

ふれあい広場 植物の構造

ミソハギ科の植物~サルスベリ(百日紅)

近所のふれあいの広場には2本のサルスベリの木があります。7月の終わり、薄ピンクのサルスベリの花から青空が透けて綺麗でした。

サルスベリの特徴

サルスベリのピンクの花弁の隙間から青空がのぞいて

中国南部原産のミソハギ科サルスベリ属で10mにもなる落葉高木です。

波打った華やかな花弁と沢山の雄しべが華やかなサルスベリの花

花の色は白色、ピンク、紅色、紅紫色があります。なかなか面白い花です。春から夏にかけて伸ばした枝先に次々と花芽を付けていきます。百日紅(ひゃくじつこう)の名の由来通り、7月から9月まで長く花が楽しめます。

サルスベリの6枚の円く強く波打った縮緬のような花弁

花径は3cm、6枚の円い花弁は強く波打ち縮緬のようです。30~45本の雄しべがあります。そのうちの6本の雄しべと1本の雌しべが長く付きだして湾曲します。萼は筒状で6裂しています。

サルスベリの昆虫を呼び込む為の目立つ雄しべと。授粉用の長く伸びた下向きの6本の雄しべ

昆虫と受粉

中央の黄色い雄しべは昆虫を呼び込む為のものです。長く伸びた下向きの6本の雄しべの葯は紫色で、これが授粉用です。昆虫たちの為の花粉に夢中の虫たちは受粉用の花粉を背中にくっつけます。そして、長く下向きの雌しべの柱頭に授粉用の花粉が付き、受粉されます。(柱頭は上の写真右端中央から少し下)受粉が終わると雄しべは内側に巻き込みます。

受粉が終わって中に巻き込まれたサルスベリの雄しべ

木肌

赤褐色のコルク層が薄くはがれ滑らかな木肌が美しいサルスベリの幹

名の由来の木肌です。幹の肥大で赤褐色のコルク層が薄くはがれ滑らかな木肌が現れます。部分的にはがれて縞模様になっているのも趣があります。葉は葉柄が短く厚く倒卵形、対生、時に互生につきます。

果実

サルスベリの球形から楕円形の若い果実

果実は7mmほどの球形から楕円形、蒴果で熟すとはじけます。種には翼があり風に乗ります。

サルスベリjの蒴果、熟すとはじけ翼がある種は風に乗り飛んでいきます

ビルの谷間のサルスベリ

ビルの谷間の紅色のサルスベリが見事です

ビルの谷間で紅色の見事な花を咲かせていました。サルスベリは水はけのよい日当たりがよい場所が好きですが。萌芽力もあり成長も早く、耐寒性、耐暑性もあり育てやすい花木です。種まきで増やせますが、挿し木のほうが早く花を見られます。江戸時代には花木として親しまれていたようです。

人気の記事

ヒメムカシヨモギ(姫昔蓬) 1

オオアレチノギクノギハハコ属の越年草です。庭に顔を出したので育ててみました。 ヒメムカシヨモギの特徴 空き地や道端で誰でも見たことがあるヒメムカシヨモギ(姫昔蓬)、北アメリカ原産で明治時代に日本に来た ...

イヌホオズキ 2

北海道から沖縄まで道端、空き地、庭先など、我が物顔という訳でもないのですが何処にでもいつの間にか存在しています。イナホオズキ(ホオズキではないという意味)からイヌホオズキ(犬酸漿)になったといわれてい ...

クサギカメムシ 3

以前、室内で見かけたクサギカメムシがモモの汁を吸いにやってきました。今年はカメムシやカナブンなどが沢山やってきてモモの被害が甚大です。ちょっと憎たらしくなります。 クサギカメムシの特徴 カメムシ目カメ ...

-ふれあい広場, 植物の構造

Copyright© 奥行き1mの果樹園 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.