奥行き1mの果樹園

狭い庭で家庭菜園。完熟の果物を味わいたくて、小さな苗木から育てはじめ、美味しい実がなるようになりました。季節の花や野菜も育てています。庭に来る生き物や雑草も大切な仲間です。

庭の植物 果樹

花芽が膨らんで春近し、サクランボや・・・

更新日:

サクランボの花芽の先が赤く色づいてきました。果樹園はそろそろ開園の準備です。

サクランボの花芽

今年も沢山花芽を付けてくれました。去年の開花は3月3日でした。

サクランボの花(暖地桜桃)

暖地桜桃は桜より一足早く開花します。お隣のモモは3月の終わりころには満開になることでしょう。

モモ(白鳳)の花芽

去年は剪定が強すぎて花芽が少なくてがっかりしましたが、今年は期待できそうです。

隣にはスモモ。去年の開花は3月21日。白い花が可憐な姿をみせてくれるでしょう。

スモモの花芽

まだまだです。その隣のイチジクは葉芽が出てきました。

イチジク(蓬莱柿)の芽

ヒメシャラの葉がふわふわの毛に包まれています。まだ種も一緒に付いています。

ヒメシャラの芽

ヒメシャラな隣には

ガクアジサイ

ガクアジサイの葉は斑入りの白と緑に縁の紫が鮮やかです。隣にはレモンが黄色い実を付けています。もうすぐ完熟です。

レモン

たっぷり果汁をためて重くなってきました。レモンの木の下には数種類のクリスマスローズがいます。その中の一番大きな株はもうたくさん花を付けています。

クリスマスローズ

去年の秋、花芽を付けたイチゴの木に虫がびっしり、仕方なくかなり強く剪定をしました。それが今、頑張って花を咲かせています。

イチゴの木

白くて艶のある筒型のシュウカイドウのような花です。この木は花と赤い実が同時に楽しめ、果実酒やジャムにできます。

ビワも花が落ち小さな実がついています。これから実の数を何回かに分けて落としていきます。地面を見るといろいろな草が芽を出してきました。

人気の記事

ヒメムカシヨモギ(姫昔蓬) 1

空き地や道端で誰でも見たことがあるこの草、庭に出てきたので育ててみました。明治時代に日本に来た帰化植物です。鉄道建設に伴って広がっていきました。「御維新草」「明治草」「世代わり草」「鉄道草」と時代を写 ...

イヌホオズキ 2

北海道から沖縄まで道端、空き地、庭先など、我が物顔という訳でもないのですが何処にでもいつの間にか存在しています。イナホオズキ(ホオズキではないという意味)からイヌホオズキ(犬酸漿)になったといわれてい ...

クサギカメムシ 3

以前、室内で見かけたクサギカメムシがモモの汁を吸いにやってきました。今年はカメムシやカナブンなどが沢山やってきてモモの被害が甚大です。ちょっと憎たらしくなります。 クサギカメムシの特徴 カメムシ目カメ ...

-庭の植物, 果樹

Copyright© 奥行き1mの果樹園 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.