奥行き1mの果樹園

狭い庭で家庭菜園。完熟の果物を味わいたくて、小さな苗木から育てはじめ、美味しい実がなるようになりました。季節の花や野菜も育てています。庭に来る生き物や雑草も大切な仲間です。

庭の植物 果樹

五分咲きのさくらんぼと枇杷の実・・・

更新日:

さくらんぼは、このところの寒さで五分咲きというところでしょうか。 今年もたくさんなりそうです。

さくらんぼ花

 

 

 

 

 

 

 

メジロの番が来て器用にからだをよじって、蜜を吸い、忙しそうに枝をわたっています。そんなときに限ってヒヨドリも来て、メジロを追い出します。ヒヨドリはよく花をつまんで、ひょいっと下に落としたりしています。何をしているのでしょう。

びわ1

今年は本当に天候不順なんですね。例年六月に収穫する枇杷の実が、一部、こんなに大きく色付いてきています。まだ、十二月に咲いた花が残っている枝もあるのに。

落ち葉は大切な栄養です。腐葉土にする場所もないので土にすきこんでいます。その時いつもより深く掘り下げたら、大量の瓦や瓦礫がたくさん出てきました。その中には熱で層になって固まったずっしり重いガラスの塊が沢山出てきました。関東大震災の頃の残骸なのでしょうか。ここには防空壕があったそうですからその時の物でしょうか。できるならそんな目に合う人が、一人でも少ないことを祈ります。

クリスマスローズ
クリスマスローズが随分大株になって、今盛りです。皆うつむきかげんで、写真嫌いなんでしょうか。私もです。

こぞうさん
手を合わせた小僧さんと猫?さんは感謝と題したものです。見ると、思わず微笑んでしまいます。蛙さんの表情もなかなかでしょう。
暑いぐらいの気温からこのところの寒さ、余計にきついですね。
早く暖かくなあれ。

人気の記事

ヒメムカシヨモギ(姫昔蓬) 1

空き地や道端で誰でも見たことがあるこの草、庭に出てきたので育ててみました。明治時代に日本に来た帰化植物です。鉄道建設に伴って広がっていきました。「御維新草」「明治草」「世代わり草」「鉄道草」と時代を写 ...

イヌホオズキ 2

北海道から沖縄まで道端、空き地、庭先など、我が物顔という訳でもないのですが何処にでもいつの間にか存在しています。イナホオズキ(ホオズキではないという意味)からイヌホオズキ(犬酸漿)になったといわれてい ...

クサギカメムシ 3

以前、室内で見かけたクサギカメムシがモモの汁を吸いにやってきました。今年はカメムシやカナブンなどが沢山やってきてモモの被害が甚大です。ちょっと憎たらしくなります。 クサギカメムシの特徴 カメムシ目カメ ...

-庭の植物, 果樹

Copyright© 奥行き1mの果樹園 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.