奥行き1mの果樹園

狭い庭で家庭菜園。完熟の果物を味わいたくて、小さな苗木から育てはじめ、美味しい実がなるようになりました。季節の花や野菜も育てています。庭に来る生き物や雑草も大切な仲間です。

庭に来た生き物 庭の植物 果樹

バラ科の植物~サクランボの花にメジロも大喜び

更新日:

3月4日サクランボの花が咲きました。今は5分咲き位。

サクランボ(暖地桜桃)の花

バラ科モモ亜科サクラ属サクラ亜属、ややこしい。品種は暖地桜桃、自家受粉できる育てやすいサクランボです。実は小粒ですが、もう10年を裕に超えて安定して甘い果実を堪能できます。

サクランボの蕾

佐藤錦などは実も大きいですが、西洋実桜という種類で一種類で果実を付けません。ナポレオンなどと交配することが多いようです。

サクランボの花

雨に濡れたサクランボの花びらは透き通るように繊細です。サクラほど派手な花ではありませんが、一足先に十分にお花見が出来ます。近所を通りかかった人は、びっくりしています。「もう桜咲いてる」

サクランボと番のメジロ

メジロが番でしょっちゅうやって来ます。夢中で花の中に嘴を突っ込んでは、また次の枝に移ってしばらくお食事を楽しんでいます。

咲き始めのサクランボの花とメジロ

青い空と咲き始めのサクランボの花とメジロ。

軽やかに歌を歌いながらサクランボの花の中に頭を突っ込むメジロ

軽やかに歌いながら。可愛い声です。

目を細めて嬉しそうに見えるサクランボの花啄むメジロ

目を細めて嬉しそうに見えます。

サクランボにメジロ

時々ヒヨドリに追いかけられています。いつもは一羽でやって来るヒヨドリが今日は2羽一緒でした。

これから果樹園の花が次々と咲いていきます。

関連記事

さくらんぼ
バラ科の植物~サクランボと食いしん坊のヒヨドリ

つやつやのサクランボです。 サクランボの収穫 今年のサクランボは例年より10日ほど遅れての収穫でした。サクランボは特別、何故かウキウキします。お天気にも恵まれ、ぴかぴか光って味も濃くて美味でした。 食 ...

続きを見る

さくらんぼ
サクランボの収穫と鳥対策と害虫

収穫が終わりました。サクランボの収穫を左右するのは鳥対策と虫そしてお天気です。 鳥たちとの闘い カラス サクランボが実を付けるようになって最初にやってきたのはカラスでした。10羽近くのカラスが群がるの ...

続きを見る

人気の記事

ヒメムカシヨモギ(姫昔蓬) 1

オオアレチノギクノギハハコ属の越年草です。庭に顔を出したので育ててみました。 ヒメムカシヨモギの特徴 空き地や道端で誰でも見たことがあるヒメムカシヨモギ(姫昔蓬)、北アメリカ原産で明治時代に日本に来た ...

イヌホオズキ 2

北海道から沖縄まで道端、空き地、庭先など、我が物顔という訳でもないのですが何処にでもいつの間にか存在しています。イナホオズキ(ホオズキではないという意味)からイヌホオズキ(犬酸漿)になったといわれてい ...

クサギカメムシ 3

以前、室内で見かけたクサギカメムシがモモの汁を吸いにやってきました。今年はカメムシやカナブンなどが沢山やってきてモモの被害が甚大です。ちょっと憎たらしくなります。 クサギカメムシの特徴 カメムシ目カメ ...

-庭に来た生き物, 庭の植物, 果樹

Copyright© 奥行き1mの果樹園 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.