奥行き1mの果樹園

狭い庭で家庭菜園。完熟の果物を味わいたくて、小さな苗木から育てはじめ、美味しい実がなるようになりました。季節の花や野菜も育てています。庭に来る生き物や雑草も大切な仲間です。

庭に来た生き物

ルリタテハの終齢幼虫

更新日:

隣家の庭でカサブランカの葉裏に派手なとげとげの幼虫を見つけました。隣家の住人は虫が大嫌い、ということでカサブランカごと我が家の庭にやってきました。

ルリタテハの特徴

カサブランカにルリタテハの終齢幼虫

ルリタテハの終齢幼虫です。ルリタテハはタテハチョウの仲間。和名は奇麗な名前で「瑠璃立羽」、英名は「青い提督」と格好いい名前です。成虫は警戒心が強く、飛翔能力が高くあっという間に飛び去ってしまいます。

幼虫

紫黒地に黄白色の刺状突起が68本あります。刺には毒もなく痛くありません。

紫黒地に黄白色の刺状突起が68本のルリタテハの終齢幼虫

食事の時には真っ直ぐになりますがすぐに丸まってしまします。

ひっくり返ったルリタテハの終齢幼虫

ちょっとひっくり返ってもらいました。可愛い足が見えます。

1齢幼虫は4mm、2齢は5mm、茶褐色の地に淡黄色の斑が入り刺は黒色、3齢は10mm、4齢は12mm、だんだん地色が黒色に刺も立派になります。そして終齢幼虫は25mm、紫黒色の地に黄白色の刺状突起になります。

ルリタテハの終齢幼虫、毒はありません

葉裏にぶら下がって蛹になります。

成虫

前翅長25~44mm、黒褐色地に外側路地に瑠璃色の帯模様がある印象的な蝶です。先端は瑠璃色の模様は切れ白い斑点があります。翅裏は灰褐色に細かい模様があり樹皮や枯葉に擬態しています。

生態

北海道から南西諸島まで平地の林縁、都市部の公園や緑地などに分布しています。出現期は3~10月。温暖地では6~7月、8月、10月と2~3回、寒冷地では1回発生します。

越冬

成虫で木の洞や岩場の陰、倒木など温度の変化の少ないところで越冬します。春にみられる痛んだ翅の成虫は頑張って冬を越した成虫なのでしょう。

夏型の特長

夏型の特徴は翅の縁の切れ込みが浅く、翅表の瑠璃色が鮮やかで裏も茶、黒、白の模様がはっきりしています。秋型は翅の縁の切れ込みが深く、翅表の瑠璃色が薄く翅裏の模様がはっきりせず黒っぽいのが特徴です。春に見かける蝶はこれです。雄と雌にはあまり違いがありません。

産卵

食卓の葉裏に約1mmの緑色に白色の線の入った卵を産み付けます。孵化が近ずくと幼虫が透けて見えてきます。上部が広がって頭から出てきます。

食卓

幼虫の食卓はサルトリイバラ、ユリ科ホトトギス属、ユリ属です。上の葉から下に食べていきます。成虫は樹皮、落ちた果樹、動物のフンなどで水分を吸います。

占有行動

ルリタテハは占有行動をすることで知られています。翅を広げて縄張りの主張をし、スクランブル発進をして侵入者を追い払います。

寄生

「タテハサムライコマユバチ」寄生された、ルリタテハの幼虫を見かけることがあります。卵を産み付けられ、体内で育った幼虫が外に出てきて糸を絡めて繭を作ります。サムライコマユバチの種類は産卵時に寄生主にウィルスを注入し寄生主の成長を抑え芋虫のままにするという戦略をとっているそうです。

関連記事

モモスズメもサムライコマユバチに寄生されます。

モモスズメ
モモスズメと寄生蜂のサムライコマユバチ

サクランボの木から肩に当たってぼたりと落ちたのはモモスズメでした。 スズメガ科ウチスズメ亜科、朝見かけてから暗くなるまで、時折、翅が少し動く程度でずっと交尾したままの状態でした。上側の腹部が太い方が雌 ...

続きを見る

人気の記事

ヒメムカシヨモギ(姫昔蓬) 1

オオアレチノギクノギハハコ属の越年草です。庭に顔を出したので育ててみました。 ヒメムカシヨモギの特徴 空き地や道端で誰でも見たことがあるヒメムカシヨモギ(姫昔蓬)、北アメリカ原産で明治時代に日本に来た ...

イヌホオズキ 2

北海道から沖縄まで道端、空き地、庭先など、我が物顔という訳でもないのですが何処にでもいつの間にか存在しています。イナホオズキ(ホオズキではないという意味)からイヌホオズキ(犬酸漿)になったといわれてい ...

クサギカメムシ 3

以前、室内で見かけたクサギカメムシがモモの汁を吸いにやってきました。今年はカメムシやカナブンなどが沢山やってきてモモの被害が甚大です。ちょっと憎たらしくなります。 クサギカメムシの特徴 カメムシ目カメ ...

-庭に来た生き物

Copyright© 奥行き1mの果樹園 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.