奥行き1mの果樹園

狭い庭で家庭菜園。完熟の果物を味わいたくて、小さな苗木から育てはじめ、美味しい実がなるようになりました。季節の花や野菜も育てています。庭に来る生き物や雑草も大切な仲間です。

庭の植物 植物の構造 育て方

シソ科の植物~ローズマリー

投稿日:

ヨーロッパでは、紀元前から沢山のエピソードがあり、キリスト教とも深いかかわりを持ち冠婚葬祭の場に欠かせない悪魔から守る神秘のパワーを持つ植物です。そしてシソ科らしい美し花です。

ローズマリーの特徴

ローズマリー

地中海沿岸地方原産のシソ科ロスマリス属(マンネンロウ属)の常緑低木です。属名のロスマリスは「海の雫」の意味で沿岸の崖に多く見られたことによるそうです。和名マンネンロウ。

ローズマリー葉

木立性と匍匐性があり、高さ30~200cm。茎は経年によって木質化します。葉は2~4cmの厚みのある線形、輪生状に見える対生に付きます。葉柄はなく表面は濃緑色、両端が裏側に巻き込まれ裏面は綿状の毛が密生し白っぽく見えます。茎、葉には香りを発する黄色い腺点が見えます。

ローズマリー葉

ローズマリー

花期は10~6月、条件次第で通年花を咲かせます。花色はピンク、白、青、紫色、葉腋に総状花序を付けます。唇形で上唇2下唇3枚からなり2本の雄しべと先端が2裂した雌しべがあります。吸密の時に雄しべは昆虫の背中に付き花粉を他の花に運んでもらいます。

果実

ローズマリー葉

花後萼が膨らんで種子を4個付けます。熟すと茶色くなりますが、すぐ落下してしまします。種を採るなら袋などをかけます。

育て方

日当たりの良い場所で乾燥気味に育てます。小さいうちは摘心をして枝数を増やします。高温には強いですが多湿にはやや弱く、風通しを良くします。梅雨前に枯れた葉は取り除き、花後にその一節下から切り戻します。この時必ず葉を残すようにします。その他、込み合ってきたらこまめに込み合った枝や下向きの枝などを収穫を兼ねて切り取ります。植え替えは3~5月、10~11月に。耐寒温度は0℃、温暖地では戸外で冬越し出来ます。

増やし方
種蒔きは4~5月、9~10月に直播きまたは箱播きにします。発芽には20℃が必要です。発芽率が悪いので多めに蒔きます。好光性があるので覆土はごく薄くします。発芽まで1か月近くかかります。挿し木は新梢を15cmほど切り取り下半分の葉を摘み取って差し穂を作ります。挿し木は5~6月、9月に。発根までに1か月かかります。

病害虫
比較的強い。うどん粉病、カイガラム、シカミキリムシなど。

利用法

園芸 植栽、グランドカバー、リース、コンパニオンプランツ
食用 ハーブティー、香辛料
香料 ポプリ、入浴剤、香水、石鹸、アロマテラピー
薬用 古来から薬用に使われていた、「4人の泥棒の酢」「ハンガリー水」、リュウマチ神経痛の痛みを和らげる(外用)、神経を安定させる、抗ウイルス活性、抗酸化作用など。

なかなか魅力的な植物です。

人気の記事

ヒメムカシヨモギ(姫昔蓬) 1

オオアレチノギクノギハハコ属の越年草です。庭に顔を出したので育ててみました。 ヒメムカシヨモギの特徴 空き地や道端で誰でも見たことがあるヒメムカシヨモギ(姫昔蓬)、北アメリカ原産で明治時代に日本に来た ...

イヌホオズキ 2

北海道から沖縄まで道端、空き地、庭先など、我が物顔という訳でもないのですが何処にでもいつの間にか存在しています。イナホオズキ(ホオズキではないという意味)からイヌホオズキ(犬酸漿)になったといわれてい ...

クサギカメムシ 3

以前、室内で見かけたクサギカメムシがモモの汁を吸いにやってきました。今年はカメムシやカナブンなどが沢山やってきてモモの被害が甚大です。ちょっと憎たらしくなります。 クサギカメムシの特徴 カメムシ目カメ ...

-庭の植物, 植物の構造, 育て方

Copyright© 奥行き1mの果樹園 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.