奥行き1mの果樹園

狭い庭で家庭菜園。完熟の果物を味わいたくて、小さな苗木から育てはじめ、美味しい実がなるようになりました。季節の花や野菜も育てています。庭に来る生き物や雑草も大切な仲間です。

多肉植物 植物の構造 育て方

ベンケイソウ科の植物~リトルミッシー(クラッスラ・ペルシダマルギナリス)

更新日:

クラッスラ・ペルシダマルギナリスの矮性種です。リトルミッシーは英名でお嬢さんといった意味です。原産は北アメリカ西部。

リトルミッシーの特徴

ベンケイソウ科クラッスラ属の多年草の多肉植物です。ぷっくりしたピンクの縁取りのある葉が印象的です。

淡緑色にクリーム色の覆輪、ピンクの縁取りが特徴のリトルミッシー

草丈10cmほど、匍匐性があり群生します。鉢植えでは垂れて成長し、先端が持ち上がります。先の尖った広卵形の1cm前後の葉を密に対生に付けます。淡緑色にクリーム色の覆輪が入りピンクの縁取りが印象的です。気温が高くなるとピンク色の模様が消えてしまいます。

リトルミッシー(クラッスラ・ペルシダマルギナリス)の花

花期4~9月。蕾の先端は鮮やかな赤色です。葉のピンク色が消えています。花は3~5mmと小さく白色の5弁花で先端にピンク色が差しています。雄しべは5本、花柱は5裂しています。

リトルミッシー(クラッスラ・ペルシダマルギナリス)の花

育て方

春秋型

春秋型で夏と冬は休眠期です。夏季以外は日当りを好み、高温多湿を嫌います。夏は日陰の風通しの良い場所におきます。関東以南では屋外での冬越しも可能ですが、霜や雪に当たると枯れてしまいます。

水やり

休眠期は1~2週間に1度湿る程度に、春秋は乾いたらたっぷりと水をあげます。水を葉にかけない方が元気に育ちます。

剪定

葉が黄色く変色したり間延びしたら日光不足、もしくは栄養不足です。間延びした枝は短く切り、混みあった枝は蒸れるので整理します。

増やし方

5cmほどに切った差し芽で増えます。20日ほどで根を出します。植え替えは春か秋に行います。枯れた葉や根は取り除きます。

病害虫

気を付ける病気はさび病(葉に褐色の斑点)と黒星病(葉に黒い斑点)です。見つけたら切り落とします。枯れた下葉などもこまめに取り除きます。カイガラムシが付くこともあり、見つけたら取り除きます。

人気の記事

ヒメムカシヨモギ(姫昔蓬) 1

オオアレチノギクノギハハコ属の越年草です。庭に顔を出したので育ててみました。 ヒメムカシヨモギの特徴 空き地や道端で誰でも見たことがあるヒメムカシヨモギ(姫昔蓬)、北アメリカ原産で明治時代に日本に来た ...

イヌホオズキ 2

北海道から沖縄まで道端、空き地、庭先など、我が物顔という訳でもないのですが何処にでもいつの間にか存在しています。イナホオズキ(ホオズキではないという意味)からイヌホオズキ(犬酸漿)になったといわれてい ...

クサギカメムシ 3

以前、室内で見かけたクサギカメムシがモモの汁を吸いにやってきました。今年はカメムシやカナブンなどが沢山やってきてモモの被害が甚大です。ちょっと憎たらしくなります。 クサギカメムシの特徴 カメムシ目カメ ...

-多肉植物, 植物の構造, 育て方

Copyright© 奥行き1mの果樹園 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.