奥行き1mの果樹園

狭い庭で家庭菜園。完熟の果物を味わいたくて、小さな苗木から育てはじめ、美味しい実がなるようになりました。季節の花や野菜も育てています。庭に来る生き物や雑草も大切な仲間です。

庭の植物 植物の構造

シソ科の植物~ピティロディア(フェアリーピンク)

更新日:

ピティロディアはオーストラリア西部原産。シソ科ピティロディア属の常緑低木です。(クマツズラ科、ヴァーベナ科の所属の記載もあります)フェアリーピンクの名で流通されていますが、あまり目にしません。

ピティロディアの特徴

毛むくじゃらの銀色とショッキングピンクの花ピティロディア

毛むくじゃらの銀色とショッキングピンクの花の取り合わせは目を引きます。

耐寒性はあります(0℃)から、暖地では冬を越せます。高温多湿は苦手です。夏は風通しの良い半日陰で育てます。

銀白色の毛でおおわれたピティロディア

高さ50~100cm。茎は地際から叢生します。乾燥地帯の植物ですから、水を効率よく集めるために毛が生えた茎葉を持ってます。葉は先のやや尖った楕円、長楕円形で対生に付きます。銀白色の毛で覆われています。

ピティロディアの筒状花

花期は4~5月。花色はピンクの他に白色や橙色があります。茎上部の葉腋から花茎を出し穂状に筒状花をつけます。花径1cm、長さ2cm、鮮やかなピンク色です。上唇の先は浅く裂け中央の裂片は長く前方に突き出しています。

ピティロディア・フェアリーピンク

雄しべは4本、上唇には花弁に沿うように伸びた2本の雄しべと中央に雌しべが見えます。下唇のあたりには葯のない短く細い赤く見える2本の仮雄しべがあります。下唇には毛が生えています。

葯に花粉があふれているピティロディア

葯に花粉が出ています。中央には雄しべより短い2裂した柱頭が見えます。内側には斑紋があって蜜腺のありかを教えています。

人気の記事

ヒメムカシヨモギ(姫昔蓬) 1

オオアレチノギクノギハハコ属の越年草です。庭に顔を出したので育ててみました。 ヒメムカシヨモギの特徴 空き地や道端で誰でも見たことがあるヒメムカシヨモギ(姫昔蓬)、北アメリカ原産で明治時代に日本に来た ...

イヌホオズキ 2

北海道から沖縄まで道端、空き地、庭先など、我が物顔という訳でもないのですが何処にでもいつの間にか存在しています。イナホオズキ(ホオズキではないという意味)からイヌホオズキ(犬酸漿)になったといわれてい ...

クサギカメムシ 3

以前、室内で見かけたクサギカメムシがモモの汁を吸いにやってきました。今年はカメムシやカナブンなどが沢山やってきてモモの被害が甚大です。ちょっと憎たらしくなります。 クサギカメムシの特徴 カメムシ目カメ ...

-庭の植物, 植物の構造

Copyright© 奥行き1mの果樹園 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.