奥行き1mの果樹園

狭い庭で家庭菜園。完熟の果物を味わいたくて、小さな苗木から育てはじめ、美味しい実がなるようになりました。季節の花や野菜も育てています。庭に来る生き物や雑草も大切な仲間です。

庭の植物 植物の構造 育て方

キク科の植物~オランダセンニチ(エッグボール)

投稿日:

遠目には地味ですが大振りな葉に頭が赤い丸い黄色い頭花がポンポンと並んだ面白い花です。

オランダセンニチの特徴

オランダセンニチ

キク科スピランデス属の非耐寒性多年草です。南米、東南アジア原産で江戸時代後期に観賞用として渡来しました。沢山の名前を持っています。学名スピランサス・アクメラ、英名 パラグレス、オランダから渡来して長く咲くセンニチコウに似ていることからオランダセンニチ(阿蘭陀千日)、センニチギク(千日菊)、流通名エッグボールタマゴボール葉唐辛子など。

草丈30~40cm。茎は無毛、葉柄は2~6cm、葉は幅4~8cm、長さ5~10cmの卵形、デルタ型で浅い鋸歯があり対生に付きます。日差しの強い場所では上の写真のような銅葉のようになり、そうでもない場所では下の写真のように緑色の葉になります。

おランダセンニチ

まだ扁平なオランダセンニチの蕾

花期6~10月、3~12cmの花柄を伸ばして花径2cmの頭花を付けます。上の写真はまだ扁平な蕾です。

オランダセンニチの頂部の褐色の蕾、下は開いた黄色い小花

管状花のみで構成されその数400~600。頂部は褐色の蕾、2~3mmの小花が開いて黄色くなって球形に盛り上がっていきます。上の写真の赤と黄色の割合が一番可愛いですね。

下から咲きああって縦長になったオランダセンニチの花

こんなに縦長の円筒形になりました。咲き終わると全体が赤褐色になります。総苞片は披針形で15~18個が3列になっています。

変な形に盛り上がったオランダセンニチの花

こんな変な形になった花もありました。

オランダセンニチ

種子は幅1mm、長さ2mm、無数の毛が生えています。

キバナオランダセンニチ

全体が黄色い花を付けるキバナオランダセンニチにはスピラントールという辛味成分を多く含まれ花、茎、葉をサラダや香辛料として、葉唐辛子と呼ばれ佃煮に、また消炎、鎮痛、消化促進の効果があるとして民間薬として利用されています。オランダセンニチの葉や花にもこの成分は含まれていますが量が少なく主に観賞用として扱われます。

育て方

日当たりの良いやや湿り気のある場所に植えます。暑さには強いのですが、耐寒性がありませんから多年草ですが3~4月に種蒔きをして2か月後には花を付け秋まで楽しむというのが一般的です。発芽温度は25~30℃、発育旺盛で、本葉4~5枚の時に摘心をします。花がらは摘み取ります。病害虫は特にありません。

関連記事

同じセンニチコウの名前が付いた植物です。

センニチコウ
ヒユ科の植物~センニチコウ(千日紅)

センニチコウは江戸前期に渡来した熱帯アメリカ原産の一年草です。センニチボウズ(千日坊主)、テマリバナ(手毬花)、センニチソウ(千日草)、ダンゴバナ(団子花)、ダルマソウ(達磨草)などとたくさんの名前で ...

続きを見る

アカバセンニチコウ・アルテルナンテラ
ヒユ科の植物~アカバセンニチコウ(レッドフラッシュ)

秋に紅葉する美しい葉と白い球形の花が映える楽しみの多い植物です。 アカバセンニチコウの特徴 ヒユ科ツルノゲイトウ属(アルテルナンテラ属)の常緑多年草です。原産はブラジル、学名アルテルナンテラ・デンター ...

続きを見る

 

人気の記事

ヒメムカシヨモギ(姫昔蓬) 1

オオアレチノギクノギハハコ属の越年草です。庭に顔を出したので育ててみました。 ヒメムカシヨモギの特徴 空き地や道端で誰でも見たことがあるヒメムカシヨモギ(姫昔蓬)、北アメリカ原産で明治時代に日本に来た ...

イヌホオズキ 2

北海道から沖縄まで道端、空き地、庭先など、我が物顔という訳でもないのですが何処にでもいつの間にか存在しています。イナホオズキ(ホオズキではないという意味)からイヌホオズキ(犬酸漿)になったといわれてい ...

クサギカメムシ 3

以前、室内で見かけたクサギカメムシがモモの汁を吸いにやってきました。今年はカメムシやカナブンなどが沢山やってきてモモの被害が甚大です。ちょっと憎たらしくなります。 クサギカメムシの特徴 カメムシ目カメ ...

-庭の植物, 植物の構造, 育て方

Copyright© 奥行き1mの果樹園 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.