奥行き1mの果樹園

狭い庭で家庭菜園。完熟の果物を味わいたくて、小さな苗木から育てはじめ、美味しい実がなるようになりました。季節の花や野菜も育てています。庭に来る生き物や雑草も大切な仲間です。

庭の植物 植物の構造 池田山公園 育て方 自然教育園 野草 雑草

キジカクシ科~ノシラン(熨斗蘭)

投稿日:

夏には地味ながら花は少し薄暗い場所でも白く浮かび上がり涼しさを演出し、冬にはコバルトブルーの種子が驚くほど鮮やかです。

ノシランの特徴

本州から沖縄まで林縁や明るい林床などに自生するキジカクシ科ジャノヒゲ属の常緑多年草です。学名のオフィオポゴン・ヤブランはジャノヒゲ(和名から意訳)+ヤブランのようなという意味です。ヤブランは似ていますが属は別です。

ノシラン

草丈30~80cm。葉は根生し先端が垂れ下がり半球形になります。幅1cm、長さ30~100cm、線形で先端が尖り平滑、厚みがあり濃緑色で光沢があります。上部には細かな鋸歯があります。匍匐枝は出しません。

ノシラン

ノシラン

花期7~9月。葉間から30~50cmの花茎が斜上し総状花序を付けます。花茎は2稜あり扁平で狭い翼があります。3~8個づつ小花が束生し多数の花が下向きに付きます。

ノシランの花

苞は1~9cmの披針形、淡緑色で膜質です。花被片は白色または淡紫色で6枚、長さ6mmの広披針形で先端が反り返ります。雌しべは1本、花柱は白色です。雄しべは6本、花糸は短く葯は4~5mmの披針形で先がr尖ります。

果実

ノシランの種子

果皮は薄くすぐに脱落し種子が露出します。種子は9~10mmの楕円形で緑色から青と変化し12~1月には熟して紺色になります。

ノシランの種子

育て方

半日陰から日陰までのやや湿った場所を好みます。植え付け、植え替え、株分けは初の新芽が出る前に行います。春に新芽が出るので冬の間に古い葉を根元からバッサリと切り取ると葉の美しさが保てます。病害虫もほどんどなく丈夫で大株になるのでいい根〆として重宝します。

関連記事

キジカクシ科~ヤブランとヒメヤブラン

日陰から日向まで場所を選ばず下草やグランドカバーにも重宝します。すっくと立った花茎に穂状に付ける花は勿論、艶がありしっかりとした葉は美しく姿が乱れず、濃い緑色の葉は和の庭に、斑入りなら洋風の庭によく合 ...

続きを見る

人気の記事

ヒメムカシヨモギ(姫昔蓬) 1

空き地や道端で誰でも見たことがあるこの草、庭に出てきたので育ててみました。明治時代に日本に来た帰化植物です。鉄道建設に伴って広がっていきました。「御維新草」「明治草」「世代わり草」「鉄道草」と時代を写 ...

イヌホオズキ 2

北海道から沖縄まで道端、空き地、庭先など、我が物顔という訳でもないのですが何処にでもいつの間にか存在しています。イナホオズキ(ホオズキではないという意味)からイヌホオズキ(犬酸漿)になったといわれてい ...

クサギカメムシ 3

以前、室内で見かけたクサギカメムシがモモの汁を吸いにやってきました。今年はカメムシやカナブンなどが沢山やってきてモモの被害が甚大です。ちょっと憎たらしくなります。 クサギカメムシの特徴 カメムシ目カメ ...

-庭の植物, 植物の構造, 池田山公園, 育て方, 自然教育園, 野草 雑草

Copyright© 奥行き1mの果樹園 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.