奥行き1mの果樹園

狭い庭で家庭菜園。完熟の果物を味わいたくて、小さな苗木から育てはじめ、美味しい実がなるようになりました。季節の花や野菜も育てています。庭に来る生き物や雑草も大切な仲間です。

庭の植物 植物の構造 野菜

セリ科の植物~ニンジンの花

更新日:

収穫後に取り残された、まだ小さなニンジンの株を見つけました。ニンジンの花を見てみたくなって、そのまま育ててみることにしました。

ニンジンはアフガニスタン原産で16世紀に日本に伝わりました。オランダ、イギリス経由の西洋系と中国経由の東洋系に分かれます。以前は東洋系の金時ニンジンは好きでしたが、西洋系は臭くて嫌いでした。最近のものは食べやすくなって好きになりました。

ニンジンの花の特徴

長く伸びた茎の先に沢山の花が咲くニンジン

セリ科セリ亜科ニンジン属です。長く伸びた茎の先に沢山の花が咲きました。レースフラワーよりも華やかかも。

ニンジンの花の裏側は放射状に伸びて編み込んだような面白い形になっています。

根生葉は2回奇数羽状複葉、細かく裂け柔らかく涼やかです。ぐんぐん伸びていきます。茎はしっかり太く、1mを超えてきました。放射状に伸びて編み込んだような面白い裏側になっています。

直径20センチ以上の花が咲く前のニンジン

直径20cmを超える大きさ、表はこんな形になりました。

雄性期→雌性期と移行する雄性先熟花です。

雄性期

ニンジンの花、雄性期、白い花が放射状に集まって複散形花序を付ける

ニンジンの花、雄性期

2~3mmの白い花が放射状に集まって複散形花序を付けます。周りから花が開いていきます。花弁は5枚、雄しべは5本。雄しべとは花弁は互い違いについています。雄しべがある雄性期です。

雌性期

ニンジンの花 雌性期子房の色がピンク色になり中央に柱頭が伸びて目立つ

ニンジンの花 雌性期

雄しべは花粉を出して落ち子房の色がピンク色になりきました。雌性期です。中央に柱頭が伸びて目立ってきます。

果実

先端にはV字になった2本の花柱があるニンジンの果実

果実の先端に2本の花柱がV字にみえます。果実は2分果です。果実の周りには毛が生えています。この毛には発芽抑制物質が含まれています。蒔くときには毛を取り除きます。

昆虫

ニンジンの花にルリマルノミハムシ

ニンジンの花にルリマルノミハムシ

沢山の虫たちもやってきました。

関連記事

同じセリ科のミツバとセロリの花は見たことがありますか

ミツバの花
セリ科の植物~ミツバとセロリ

7年ほど前、買ってきた根三つ葉の根を埋めて以来、バンバン増えて、毎年芽を出してくれて大助かりです。ミツバやセロリの小さな花を見たことがありますか。すごく小さいのです。 セリ科の特徴 ミツバはセリ科です ...

続きを見る

人気の記事

ヒメムカシヨモギ(姫昔蓬) 1

空き地や道端で誰でも見たことがあるこの草、庭に出てきたので育ててみました。明治時代に日本に来た帰化植物です。鉄道建設に伴って広がっていきました。「御維新草」「明治草」「世代わり草」「鉄道草」と時代を写 ...

イヌホオズキ 2

北海道から沖縄まで道端、空き地、庭先など、我が物顔という訳でもないのですが何処にでもいつの間にか存在しています。イナホオズキ(ホオズキではないという意味)からイヌホオズキ(犬酸漿)になったといわれてい ...

クサギカメムシ 3

以前、室内で見かけたクサギカメムシがモモの汁を吸いにやってきました。今年はカメムシやカナブンなどが沢山やってきてモモの被害が甚大です。ちょっと憎たらしくなります。 クサギカメムシの特徴 カメムシ目カメ ...

-庭の植物, 植物の構造, 野菜

Copyright© 奥行き1mの果樹園 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.