奥行き1mの果樹園

狭い庭で家庭菜園。完熟の果物を味わいたくて、小さな苗木から育てはじめ、美味しい実がなるようになりました。季節の花や野菜も育てています。庭に来る生き物や雑草も大切な仲間です。

庭に来た生き物 庭の植物 植物の構造 育て方

ゴマノハグサ科の植物~宿根ネメシアとニッポンヒゲナガハナバチ

更新日:

葉は軽やかな緑色で、パステルカラーの優しい花を沢山つけます。宿根ネメシアは南アフリカ原産、ゴマノハグサ科ネメシア属の常緑多年草です。

宿根ネメシアの特徴

パステルカラーの優しい花を沢山つけてくれる宿根ネメシア

茎 葉

草丈は20~50cm。株元で沢山枝分かれしてこんもりと茂ります。花径は株元で良く分岐し直立に長く立ち上がります茎の基部は年数が経つと木質化します。葉は広針形、長卵形で長さ4cm、鋸歯があります。

宿根ネメシアの長さ4cmの、広針形で鋸歯がある葉、こんもりと茂ります

穂状の総状花序をだす宿根ネメシア

花径の先に穂状の総状花序をだし花を沢山つけます。

筒状唇形の花で左右対称、上唇は3裂、下唇は2裂いしている宿根ネメシアの花

筒状唇形の花で左右対称、上唇は3裂、下唇は2裂しています。

左右対称で筒状唇形の宿根ネメシアの花

花を覘いてみると。雄しべが面白い形になっています。花色は一年草の赤や黄色、宿根草の白、ピンク、薄青、紫など。

宿根ネメシアの花の中は雄しべが面白い形

蕚は5枚、基部に距があり中に蜜線があります。

宿根ネメシアの基部に距があり中に蜜線があります

果実

花後に平べったいハート形の鞘ができます。

宿根ネメシアの平べったいハート形の鞘

熟すと茶色になり上部が開きます。種がこぼれそうです。

宿根ネメシアの鞘は熟すと茶色になり上部が開きます。

こぼれ種と挿し木(5~6月、9~10月)で増やします。関東以南では戸外で冬越しが可能です。種もなんだか軽やかで優しい感じ。

宿根ネメシアの翼の付いた種

ニッポンヒゲナガハナバチ

宿根ネメシアの花に頭をっつこむニッポンヒゲナガハナバチ

そこまで口が届く花粉媒介者を選別しています。ニッポンヒゲナガハナバチ(コシブトハナバチ科)が頭を突っ込んでいます。

本州、九州、四国に分布しています。雄の触角が長いことでこの名前が付きました。日本髭長花蜂。雄の体長は12mm、触角の長さは体長と同じ位の長さ、雌の体長は14mmほど。体色は黒色、淡褐色、黄褐色の毛が生えています。4~5月に出現、花粉や花の蜜など広食性です。完全変態で巣は地中に作ります。単独行動します。

ネメシアの花粉だらけのニッポンヒゲナガハナバチ

体中、花粉だらけです。

育て方

多年草のネメシア

花期は3~6月、9~11月と長く楽しめます。今年は冬も花を付けていました。水はけのよい日当たりがよい場所に植えます。花が一段落したら刈り込みます。脇芽を出し株が大きくなってまた花を付け始めます。丈夫で育てやすい品種ですが、3年ほどたつと株が元気がなくなるので更新していきます。

一年草のネメシア

花期は4~6月、大きめで赤や黄色などのカラフルな花が魅力的です。一年草と宿根ネメシアの交雑種もあります。

秋に種まきで増やします。好光性なので覆土はごく薄くかけ、乾燥に気を付けます。発芽したら本葉3~4枚の時にポットに移植し、冬越します。寒さに弱いので霜よけが必要です。3月に定植します。

人気の記事

ヒメムカシヨモギ(姫昔蓬) 1

オオアレチノギクノギハハコ属の越年草です。庭に顔を出したので育ててみました。 ヒメムカシヨモギの特徴 空き地や道端で誰でも見たことがあるヒメムカシヨモギ(姫昔蓬)、北アメリカ原産で明治時代に日本に来た ...

イヌホオズキ 2

北海道から沖縄まで道端、空き地、庭先など、我が物顔という訳でもないのですが何処にでもいつの間にか存在しています。イナホオズキ(ホオズキではないという意味)からイヌホオズキ(犬酸漿)になったといわれてい ...

クサギカメムシ 3

以前、室内で見かけたクサギカメムシがモモの汁を吸いにやってきました。今年はカメムシやカナブンなどが沢山やってきてモモの被害が甚大です。ちょっと憎たらしくなります。 クサギカメムシの特徴 カメムシ目カメ ...

-庭に来た生き物, 庭の植物, 植物の構造, 育て方

Copyright© 奥行き1mの果樹園 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.