奥行き1mの果樹園

狭い庭で家庭菜園。完熟の果物を味わいたくて、小さな苗木から育てはじめ、美味しい実がなるようになりました。季節の花や野菜も育てています。庭に来る生き物や雑草も大切な仲間です。

庭の植物 果樹

桃の花と始まった鳥たちとの戦い

更新日:

桃の花が咲きました

桃の花は華やかですね。大振りで、色が濃くて。樹形を少しコンパクトにしようと、去年強く剪定をしました。花の数が減ることは覚悟していましたが、それにしても少なくて、しょんぼりです。ちなみに去年はこんなに花をつけていました。

桃

スモモの花が散り始めました。土の上に白い花がこぼれてきれいです。

あんず

カラス 鳥たちとの戦い

そろそろ戦いが始まります。時季外れに黄色くなった枇杷の実がほとんどやられてしまいました。器用に皮と種だけを残していくのはカラスです。ばさばさと沢山木にやってきて騒いでいきました。そこで必殺兵器登場。ナットを結び付けたタコ糸を張りました。カラスが来なくなると今度は小鳥たちがひっきりなしに来ます。鳥たちは上のほうをつっついていくだけなので、もったいない、きれいに食べていってよと言いたい気分です。少し控えていただこうと、こんなものを吊るしてみました。
P_20160331_144850

これは人間から見るといかにも偽物ですが、鳥たちにはどんな風に見えるのでしょう。以前、プラスチックに本物の羽を張り付けたものを、逆さましてに吊るしていたら、ものすごい勢いでカラスが飛び込んできました。様子を見に来たのか、助けに来たのか分かりませんが、とにかく必死でした。余りにも良くできたものだったので、道行く人まで驚かせてしまい、吊るすのはやめにしました。窓越しにぎょっとしている人を見るのはちょっと楽しくはありましたが。
今日は少し静かです。

人気の記事

ヒメムカシヨモギ(姫昔蓬) 1

空き地や道端で誰でも見たことがあるこの草、庭に出てきたので育ててみました。明治時代に日本に来た帰化植物です。鉄道建設に伴って広がっていきました。「御維新草」「明治草」「世代わり草」「鉄道草」と時代を写 ...

イヌホオズキ 2

北海道から沖縄まで道端、空き地、庭先など、我が物顔という訳でもないのですが何処にでもいつの間にか存在しています。イナホオズキ(ホオズキではないという意味)からイヌホオズキ(犬酸漿)になったといわれてい ...

クサギカメムシ 3

以前、室内で見かけたクサギカメムシがモモの汁を吸いにやってきました。今年はカメムシやカナブンなどが沢山やってきてモモの被害が甚大です。ちょっと憎たらしくなります。 クサギカメムシの特徴 カメムシ目カメ ...

-庭の植物, 果樹

Copyright© 奥行き1mの果樹園 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.