奥行き1mの果樹園

狭い庭で家庭菜園。完熟の果物を味わいたくて、小さな苗木から育てはじめ、美味しい実がなるようになりました。季節の花や野菜も育てています。庭に来る生き物や雑草も大切な仲間です。

庭の植物 植物の構造 自然教育園 野草 雑草

キク科~モミジガサ(紅葉傘)

更新日:

春先のまだ植物の少ない時に丸く畳まれたつやつやの葉が目を引きます。キク科らしい花、ちょっと地味な花です。

モミジガサの特徴

キク科コウモリソウ属の多年草で在来種です。北海道から九州までの山地のやや湿り気のある林床や林縁に群生します。春先にまだ葉が展開する前の若芽は人気の山菜で、東北地方では「シドケ」と呼ばれ、フキのような香りとほろ苦さ、シャキシャキとした歯触りが愛されているそうです。葉が紅葉に似て若芽が畳まれた傘のようなことからこの名が付きました。

モミジガサ

4月7日撮影

4月頃芽生えた茎や葉縁には白毛が生えています。

モミジガサ

5月になるとぐんぐん茎葉をのばします。茎は中空で草丈60~80cm。葉は互生、葉柄は4~6cm、幅10~20cm、長さ8~15cmで掌状に5~7裂します。葉表は艶があり無毛、葉脈が目立ちます。

モミジガサ

下部は長い葉柄を持ち葉も大きく、上部は葉も小型で葉柄も短く中裂です。

モミジガサ

葉裏には疎らに絹毛があります。

モミジガサ

花期は8~9月。長い花柄を出し円錐花序を付けます。長い花柄を持つ頭花を沢山つけます。総苞は9mm、筒状で淡緑白色、総苞片は5枚。

モミジガサ

頭花はやや紫色を帯びた白色の5個の小さな筒状花からなります。花被片は5裂し、先端が2裂する1本の雌蕊の周りを5本の雄蕊が取り囲んでいます。雄蕊は短い花糸と細長い葯からなり葯は合着して葯筒になっています。葯は濃紺色、葯が裂けると雌蕊の先端のブラシ状のもので花粉を外に押し出して昆虫によって運ばれ他の花の受粉に使われます。花粉を出し終えると白い花柱が2裂して反り返り他の花の花粉を待ちます。自家受粉しないような仕組みです。キク科の特徴です。

果実

モミジガサ

そう果で、固い果皮の中に種子が1個入っています。裂開しません。冠毛は褐色を帯びた白色で長さ5mm程、上向きの棘があります。乾燥すると冠毛が開き風に乗ります。

モミジガサ

関連記事

ヤブレガサ、よく似ています。

キク科~ヤブレガサ(破傘)

地上に出てきたときには毛むくじゃら、むくっと伸びあがった時には破れ傘、花は地味でも沢山の昆虫たちを集めていました。柱頭のくるっと眼鏡が可愛い。 ヤブレガサの特徴 キク科ヤブレガサ属の多年草です。在来種 ...

続きを見る

人気の記事

ヒメムカシヨモギ(姫昔蓬) 1

オオアレチノギクノギハハコ属の越年草です。庭に顔を出したので育ててみました。 ヒメムカシヨモギの特徴 空き地や道端で誰でも見たことがあるヒメムカシヨモギ(姫昔蓬)、北アメリカ原産で明治時代に日本に来た ...

イヌホオズキ 2

北海道から沖縄まで道端、空き地、庭先など、我が物顔という訳でもないのですが何処にでもいつの間にか存在しています。イナホオズキ(ホオズキではないという意味)からイヌホオズキ(犬酸漿)になったといわれてい ...

クサギカメムシ 3

以前、室内で見かけたクサギカメムシがモモの汁を吸いにやってきました。今年はカメムシやカナブンなどが沢山やってきてモモの被害が甚大です。ちょっと憎たらしくなります。 クサギカメムシの特徴 カメムシ目カメ ...

-庭の植物, 植物の構造, 自然教育園, 野草 雑草

Copyright© 奥行き1mの果樹園 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.