奥行き1mの果樹園

狭い庭で家庭菜園。完熟の果物を味わいたくて、小さな苗木から育てはじめ、美味しい実がなるようになりました。季節の花や野菜も育てています。庭に来る生き物や雑草も大切な仲間です。

庭の植物 植物の構造 育て方

キク科の植物~ミヤコワスレ(都忘れ)

更新日:

テラスと裏道を結ぶ約1mの踏み石の両側を飾るのがミヤコワスレです。花に興味のない息子が「綺麗だなぁ」と眺めていました。別名、野春菊(のしゅんぎく) 深山嫁菜(みやまよめな) 東菊(あずまぎく)派手ではありませんが、沢山の花がお日様の方に顔を向けて、愛らしい花です。

ミヤコワスレの特徴

踏み石を挟んで両側をミヤコワスレが咲きそろいました

左側はサクランボ、右側はモモの木があって木漏れ日に光っています。ご近所から一株頂いたのが株分けでこんなに増えました。

ミヤコワスレは本州から九州の山地に自生するミヤマヨメナの園芸品種です

キク科のミヤマヨメナ属、本州から九州の山地に自生するミヤマヨメナの園芸品種です。園芸ブームが起きていた江戸時代に品種改良されたました。

ミヤコワスレの花色は濃い青色、紫、薄い紫、ピンク、白色

花の時期は4月~6月。ミヤマヨメナは淡青色ですが、都忘れは濃い青色から紫、薄い紫、ピンク白色があります。花径は3~4cmで黄色い管状花の周りを舌状花が一列に並んでいます。去年はもっと青色が濃かったのですが、今年は色が薄くなりました。

黄色い管状花の周りを舌状花が一列に並んでいるミヤコワスレ

育て方

植えっぱなしでも育ちますが、たまには植え替えした方がよく育ちます。植え替えて4年経ちますからそろそろ植え替えの時期でしょうか。この場所は、落葉樹の下で好条件の場所なのですが。半日蔭のちょっと湿った所が好きです。

花が終わったら切り詰めます。もう一度楽しめます。

増やし方

4月~6月に春に伸びた茎を挿し木にしたり9月~10月頃に株分けをして増やします。

ロゼッタ状で冬を越します。

都忘れにホソヒラタアブがやってきた

ホソヒラタアブがやってきました。沢山の虫たちの食卓になりました。

人気の記事

ヒメムカシヨモギ(姫昔蓬) 1

空き地や道端で誰でも見たことがあるこの草、庭に出てきたので育ててみました。明治時代に日本に来た帰化植物です。鉄道建設に伴って広がっていきました。「御維新草」「明治草」「世代わり草」「鉄道草」と時代を写 ...

イヌホオズキ 2

北海道から沖縄まで道端、空き地、庭先など、我が物顔という訳でもないのですが何処にでもいつの間にか存在しています。イナホオズキ(ホオズキではないという意味)からイヌホオズキ(犬酸漿)になったといわれてい ...

クサギカメムシ 3

以前、室内で見かけたクサギカメムシがモモの汁を吸いにやってきました。今年はカメムシやカナブンなどが沢山やってきてモモの被害が甚大です。ちょっと憎たらしくなります。 クサギカメムシの特徴 カメムシ目カメ ...

-庭の植物, 植物の構造, 育て方

Copyright© 奥行き1mの果樹園 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.