奥行き1mの果樹園

狭い庭で家庭菜園。完熟の果物を味わいたくて、小さな苗木から育てはじめ、美味しい実がなるようになりました。季節の花や野菜も育てています。庭に来る生き物や雑草も大切な仲間です。

植物の構造 自然教育園 野草 雑草

ミツガシワ科~ミツガシワ(三槲)

投稿日:

自然教育園の水生植物園の一画では他の植物に先立って群生しているミツガシワに出会えます。ミツガシワ科ミツガシワ属の1属1種の多年草です。

ミツガシワの特徴

ミツガシワは北半球の高冷地の湿地や浅い水中に自生します。極地周辺植物で残存植物と呼ばれています。残存植物とはかつては広く分布していた植物が環境条件などの変化によって限定的に取り残された植物のことです。名の由来は葉が槲に似ていること(似てる?)によります。別名ミズハンゲ(水半夏)

ミツガシワ

ミツガシワ

3月下旬、水面には傍の桜の花びらが散っています。草丈は15~40cm。根茎は太く水中に根を下ろし、横に長く伸びて広がります。茎の基部には鞘があり、葉柄は長く伸びて葉は3出複葉で互生。小葉は幅3~8cm、長さ5~10cmの卵形、厚みがあり柔らかく鈍い鋸歯があります。葉には苦み成分が含まれていて江戸時代には生薬が睡菜(すいさい)と呼ばれ健胃薬として使われていたそうです。

ミツガシワ

5月、花は終わり葉がもう水面を覆うほどになりました。猫や鹿が大好きだそうです。

ミツガシワ

花期は3月下旬~4月。茎先に総状花序を出し花径1cmの白い花を10~20個付け、下から咲き上がります。花冠は漏斗型、花弁に見えるのは5枚の萼片です。

ミツガシワ

萼片の内側には白い毛がたくさん生えています。雌しべ1本、雄しべ5本。花糸は白色、葯は赤褐色、花粉は黄色。柱頭は黄色で2裂しています。

ミツガシワ

長花柱花(雌しべが雄しべより長い花)を付ける株と短花柱花を付ける株があり、長花柱花の方が結実します。写真の花は雌しべが短い短花柱花です。

果実

球形の蒴果で黄褐色、熟すと縦に裂け種子が散布されます。長さ2~3mm、光沢がある茶色のやや扁平な種子は水に浮きます。

人気の記事

ヒメムカシヨモギ(姫昔蓬) 1

空き地や道端で誰でも見たことがあるこの草、庭に出てきたので育ててみました。明治時代に日本に来た帰化植物です。鉄道建設に伴って広がっていきました。「御維新草」「明治草」「世代わり草」「鉄道草」と時代を写 ...

イヌホオズキ 2

北海道から沖縄まで道端、空き地、庭先など、我が物顔という訳でもないのですが何処にでもいつの間にか存在しています。イナホオズキ(ホオズキではないという意味)からイヌホオズキ(犬酸漿)になったといわれてい ...

クサギカメムシ 3

以前、室内で見かけたクサギカメムシがモモの汁を吸いにやってきました。今年はカメムシやカナブンなどが沢山やってきてモモの被害が甚大です。ちょっと憎たらしくなります。 クサギカメムシの特徴 カメムシ目カメ ...

-植物の構造, 自然教育園, 野草 雑草

Copyright© 奥行き1mの果樹園 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.