奥行き1mの果樹園

狭い庭で家庭菜園。完熟の果物を味わいたくて、小さな苗木から育てはじめ、美味しい実がなるようになりました。季節の花や野菜も育てています。庭に来る生き物や雑草も大切な仲間です。

庭の植物 植物の構造 野草 雑草

イネ科の植物~メリケンカルカヤ(米利堅刈萱)

更新日:

イネ科のメリケンカルカヤは北アメリカからの帰化植物です。1940年に初めて記録され、今では関東以西に広がっていて要注意外来植物に指定されています。やや乾燥した荒れ地などにしっかりと根を張り群生します。草丈50~100cmの多年草です。

メリケンカルカヤの特徴

メリケンカルカヤ(米利堅刈萱)の果実

葉鞘が稈を包んで扁平で固く、断面は紡錘形のメリケンカルカヤの葉鞘

茎は叢生し基部は葉鞘が稈を包んで扁平で固く、断面は紡錘形です。葉鞘は茎に圧着し、長毛が付きます。

長さ10~30cmの線形のメリケンカルカヤ(米利堅刈萱)の葉

葉は幅3~5cm、長さは10~30cmの線形、平滑です。

長披針形の苞に包まれた長さ2~3cmのメリケンカルカヤの穂

9~10月、葉腋や茎頂に長披針形の苞に包まれた長さ2~3cmの穂を付けます。穂は柄のある無性小穂と柄のない有性小穂が対になった小穂からなります。有性小穂は両性花で2つの小花からなり、第1小花は退化し、実ができるのは片方です。基部の小穂には白い長毛が密生しています。果実は長さ2mm、褐色で多数の長毛が付き風に乗り飛散します。

メリケンカルカヤの褐色の果実、多数の長毛が付き風に乗り飛散します。

冬には立ち枯れて赤褐色になりそのまま春まで残ることもあります。一面が赤褐色に染まった写真を見たことがありますがそれはそれは壮観でした。

人気の記事

ヒメムカシヨモギ(姫昔蓬) 1

オオアレチノギクノギハハコ属の越年草です。庭に顔を出したので育ててみました。 ヒメムカシヨモギの特徴 空き地や道端で誰でも見たことがあるヒメムカシヨモギ(姫昔蓬)、北アメリカ原産で明治時代に日本に来た ...

イヌホオズキ 2

北海道から沖縄まで道端、空き地、庭先など、我が物顔という訳でもないのですが何処にでもいつの間にか存在しています。イナホオズキ(ホオズキではないという意味)からイヌホオズキ(犬酸漿)になったといわれてい ...

クサギカメムシ 3

以前、室内で見かけたクサギカメムシがモモの汁を吸いにやってきました。今年はカメムシやカナブンなどが沢山やってきてモモの被害が甚大です。ちょっと憎たらしくなります。 クサギカメムシの特徴 カメムシ目カメ ...

-庭の植物, 植物の構造, 野草 雑草

Copyright© 奥行き1mの果樹園 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.