奥行き1mの果樹園

狭い庭で家庭菜園。完熟の果物を味わいたくて、小さな苗木から育てはじめ、美味しい実がなるようになりました。季節の花や野菜も育てています。庭に来る生き物や雑草も大切な仲間です。

庭の植物 植物の構造 野草 雑草

ムラサキ科~キュウリグサ(胡瓜草)

更新日:

蕾はピンク色、花は淡青色、白に黄色と、素晴らしい色の組み合わせの小さくて愛らしい花です。キュウリグサは葉や茎を揉むとキュウリのような匂いがするところから付いた名前です。キュウリは平安時代から栽培されていましたが、今と違い熟したキュウリを食べていました。江戸末期の品種改良される前は苦くてまずい野菜でした。この名前の付いた由来の匂いはどんなものだったのでしょうか。

花が咲く前の葉や茎は山菜として春を楽しむそうです。特に美味しくはないそうですが。また全草を乾燥させて利尿剤として使われるそうです。

キュウリグサの特徴

薄青色の花弁に黄色の副冠、のキュウリグサ

ムラサキ科キュウリグサ属のキュウリグサ(胡瓜草)。別名タビラコです。アジアの温帯地方に分布し、日本には古くに麦と一緒に渡来した史前帰化植物です。北海道から沖縄まで広がっています。

キュウリグサ

秋に発芽してロゼット状で冬越しをします。花が咲く頃にはこのロゼットは枯れてしまします。

山菜にもなるキュウリグサの葉

草丈は10~20cm。根元の葉は長い柄があって卵形、茎に付く葉は柄がなく長い楕円形で互生です。

キュウリグサ葉裏

葉裏です。葉の両面、茎や蕚にも伏毛があります。

キュウリグサ

花期は3月から5月。サソリ型花序(巻散花序)と呼ばれ、蕾の間は先端がくるっと丸まっています。花が下から次々と咲いていくにつれ巻いていた花序は真っすぐに伸びていきます。これはムラサキ科の特徴です。

副冠が黄色から白色に変わるキュウリグサ

3mm程の小さな淡い青色の先が5つに分かれた合弁花です。副花冠は5つの副鱗片があり、内側に雌しべと5本の雄しべがあります。花びらの色は最初は薄く段々濃くなります。逆に副花冠は最初は黄色、そのあと白くなります。

果実

4つに分果したキュウリグサの種

種は4つに分果します。丸みにある三角錐で幅は1mm、突起があります。

似た植物

ミズタビラコ  花序は2本、白から淡青色の花で副花冠は白色。

ノハラムラサキ 中央部に5本の白色のふくらみがある。

ハナイバナ   葉腋に一つずつ花が付く。淡青色の花の花冠は白色。葉に皺がある。

ハナイバナ

ハナイバナ

関連記事

同じムラサキ科のよく似た花です。

ブルンネラ・ジャックフロスト
ムラサキ科~ブルンネラ・ジャックフロスト

レモンの木の下をシルバーの葉と澄み切った青い小さな花が明るくしてくれました。葉も花も魅力的です。 ブルンネラ・ジャックフロスト特徴 ムラサキ科ブルンネラ属の多年草です。 葉 草丈は40cmほど、丸みの ...

続きを見る

ムラサキ科~ワスレナグサ(勿忘草)の仲間

属名の「ミオソティス」はギリシャ語の「ハツカネズミの耳」という意味で葉や茎が軟毛に包まれて柔らかい様子を表しています。種名の「スコピオイデス」は「サソリの尾のような」という意味で花序の様子を表していま ...

続きを見る

ヤマルリソウ.
ムラサキ科~ヤマルリソウ(山瑠璃草)

まだ周りが動きださない内にワスレナグサに似た薄青色の花を付けます。毛だらけながら可憐な花です。 ヤマルリソウの特徴 ムラサキ科ルリソウ属の多年草です。日本固有種で福島以西から九州の湿りけのある山地に自 ...

続きを見る

人気の記事

ヒメムカシヨモギ(姫昔蓬) 1

空き地や道端で誰でも見たことがあるこの草、庭に出てきたので育ててみました。明治時代に日本に来た帰化植物です。鉄道建設に伴って広がっていきました。「御維新草」「明治草」「世代わり草」「鉄道草」と時代を写 ...

イヌホオズキ 2

北海道から沖縄まで道端、空き地、庭先など、我が物顔という訳でもないのですが何処にでもいつの間にか存在しています。イナホオズキ(ホオズキではないという意味)からイヌホオズキ(犬酸漿)になったといわれてい ...

クサギカメムシ 3

以前、室内で見かけたクサギカメムシがモモの汁を吸いにやってきました。今年はカメムシやカナブンなどが沢山やってきてモモの被害が甚大です。ちょっと憎たらしくなります。 クサギカメムシの特徴 カメムシ目カメ ...

-庭の植物, 植物の構造, 野草 雑草

Copyright© 奥行き1mの果樹園 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.