奥行き1mの果樹園

狭い庭で家庭菜園。完熟の果物を味わいたくて、小さな苗木から育てはじめ、美味しい実がなるようになりました。季節の花や野菜も育てています。庭に来る生き物や雑草も大切な仲間です。

庭の植物 植物の構造 池田山公園

カバノキ科~クマシデ(熊四手)

投稿日:

沢山の葯を零れるように付けて束になってぶら下がる雄花序や、コロンとした果穂など見上げれば空に映えて地味ながら興味深い樹です。

クマシデの特徴

カバノキ科クマシデ属の落葉高木の在来種です。本州から九州朝鮮半島、中国の日当たりの良い山地の谷沿いなどに分布しています。材が固く家具や建築材、農機具の柄などに利用され、イシシデ、カタシデとも呼ばれます。白紙で作られた玉串や注連縄に垂らす紙に花穂が似ていることからシデ(四手)の名が付けられています。地方ではソネとかソロと呼ばれます。

クマシデ

樹高は10~15m。若木は平滑で皮目が縦に並び、老木になると黒褐色で浅く縦に裂け剥がれます。

クマシデの葉

葉は互生、幅2~5cm、長さ5~10cmの狭卵形から長楕円形、先端は尖り基部は円形または心形、葉縁には重鋸歯があります。側脈は他のシデ類より多い20~24列。葉表は無毛、葉脈は深く裏面に出っ張り、裏面の脈上に長毛があります。茶色を帯びて黄葉します。

花期は4~5月。雌雄同株です。

雄花序

クマシデ雄花

葉が展開した後、前年枝の葉腋から垂れ下がります。長さ3~5cm。6mmの長卵形の苞の縁には毛が生え、苞の下に1個の雄花が付き8~10個の雄しべがあります。葯の先には長毛があり、薄緑色から赤色に変化し白色の花粉を出します。

クマシデの雄花

雌花序

クマシデ雌花

本年枝の先端に最初上向きに付き徐々に下垂します。長さ5cm、苞の下に雌花を対に付け花柱は2裂します。

果実

クマシデの菓穂

果穂は5~10cm。雌花の小苞は花後大きくなって葉状の果苞になり密生します。果苞は1.5~2cmの楕円形で鋸歯があります。イヌシデなどは種子が見えますがクマシデは果苞の基部にある鱗片に包まれています。60個ほどの果苞からなり果苞の基部に種子が1個付きます。緑色の菓穂は秋に茶色になります。

クマシデの種子

種子は褐色の堅果で4mmの扁平な楕円形です。種子は熟すと花序から離れ苞が翼になって散布されます。

関連記事

イヌシデの雄花序
カバノキ科~イヌシデ(犬四手・犬紙垂)

春には柔らかな葉とともに赤みを帯びた花序を沢山ぶら下げてとてもにぎやか、花粉を出し終えると落下してその上を歩いてみるとふわふわとした感触が足裏に伝わります。秋には面白い形の苞に包まれた地味な果実ができ ...

続きを見る

人気の記事

ヒメムカシヨモギ(姫昔蓬) 1

オオアレチノギクノギハハコ属の越年草です。庭に顔を出したので育ててみました。 ヒメムカシヨモギの特徴 空き地や道端で誰でも見たことがあるヒメムカシヨモギ(姫昔蓬)、北アメリカ原産で明治時代に日本に来た ...

イヌホオズキ 2

北海道から沖縄まで道端、空き地、庭先など、我が物顔という訳でもないのですが何処にでもいつの間にか存在しています。イナホオズキ(ホオズキではないという意味)からイヌホオズキ(犬酸漿)になったといわれてい ...

クサギカメムシ 3

以前、室内で見かけたクサギカメムシがモモの汁を吸いにやってきました。今年はカメムシやカナブンなどが沢山やってきてモモの被害が甚大です。ちょっと憎たらしくなります。 クサギカメムシの特徴 カメムシ目カメ ...

-庭の植物, 植物の構造, 池田山公園

Copyright© 奥行き1mの果樹園 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.