奥行き1mの果樹園

狭い庭で家庭菜園。完熟の果物を味わいたくて、小さな苗木から育てはじめ、美味しい実がなるようになりました。季節の花や野菜も育てています。庭に来る生き物や雑草も大切な仲間です。

ひっつき虫 庭の植物 植物の構造 野草 雑草

キク科~コセンダングサ(小栴檀草)

更新日:

春ヤマモモの下で見つけた正体不明の草は夏には1mを超えました。花が咲いてようやくキク科センダングサ属の一年草、コセンダングサ(小栴檀草)とわかりました。

コセンダングサの特徴

コセンダングサ(小栴檀草)の花

「小」が付いていますが、センダングサより小さいというわけではありません。北アメリカ原産で江戸時代に帰化しました。温帯から熱帯に広く分布しています。

薄緑色で柔らかく鋸歯があるコセンダングサ(小栴檀草)の葉

薄緑色で柔らかく鋸歯がある葉が、下部は対生、上部は互生に付いています。

筒状花だけのコセンダングサ(小栴檀草)

9月、蕾が付きました。分岐した先に1個ずつ直径1cmほどの頭花が付きます。舌状花はなく筒状花だけです。花冠の先は5つに浅く裂けています。総苞外片は7~10枚前後でばらばら、へら型で毛がたくさん生えています。

花柱が花粉を押し出して灯明のようなコセンダングサ(小栴檀草)

長さ5mm程の花筒からこげ茶色の集葯雄しべがにょきっと伸びてきて、花柱が花粉を押し出して松明のようです。

花粉を出し切り花柱がハート形になったコセンダングサ(小栴檀草)

花筒から高くせり出した花柱は花粉を出し切るとYの字型に、その後もっと反り返って上の写真のようにM字型になります。先がくるくる、ハート形にも見えます。

コセンダングサ(小栴檀草)

果実

コセンダングサ(小栴檀草)の果実

花が枯れてきました。子房の先に冠毛があります。果実から冠毛までは13~17mmです。果実の先には上向きの毛があります。冠毛は2~4本。先に下向きの返しの様な棘が出ています。

コセンダングサの仲間たち

コセンダングサ     舌状花はなし。冠毛2~4本
センダングサ      在来種。黄色い舌状花が5枚。冠毛3~4本。
シロバナセンダングサ(コシロノセンダングサ)  4から7枚の白い舌状花。冠毛2~4本
アメリカセンダングサ  舌状花はなし。総苞が葉状で四方に開く。冠毛2本
アイノコセンダングサ  舌状花はなし。筒状花の外側の一部が白い。冠毛2~4本

ひっつき虫 くっつき虫

果実が熟すと放射状に広がります。これがひっつき虫。厄介者です。

コセンダングサ(小栴檀草)逆さの刺のひっつき虫

キク科は主に果実がふわふわ飛んで増えていきますが、コセンダングサはこのトゲトゲのひっつき虫が服や動物について移動します。逆さの棘が引っ掛かって取れないんですよね。花が終わったコセンダングサでダーツ遊びができますよ。また道端や空き地などのどんな狭い隙間にも生えてきます。花が咲く前に抜き取るのが一番。国立環境研究所の侵入生物データベースにコセンダングサがあり、外来生物法で要注意外来生物に指定されています。

コセンダングサ(小栴檀草)花床

ひっつき虫

他にもひっつき虫は沢山あります。

  • 表面にかぎ型の毛が密集
     ヌスビトハギ ヤエムグ
  • 表面に先端が曲がった棘が密集
    オナモミ ヤブジラミ キンミズヒキ ハエドクソウ
  • 逆向きの棘がある
    ササクサ  センダングサ コセンダングサ ヒナタイノコヅチ
  • 表面に粘液毛を持つもの
    メナモミ ノブキ チジミザサ ヤブタバコ
  • 花柱の先端がかぎ型に曲がる
    ミズヒキ
ヒナタイノコヅチ、ひっつき虫

ヒナタイノコヅチ.

ミズヒキ ひっつき虫

ミズヒキ

ヤエムグラ ひっつき虫

ヤエムグラ

オナモミは古くに帰化した植物ですが、オオオナモミやイガオナモミに取って代わられて、絶滅危惧種になりました。昔遊んだのはどれだったんでしょうか。

コクヨからひっつき虫という粘着剤が出ていて子供がポスターを張るのに使っていました。両面テープもひっつき虫からヒントを得たそうです。自然界は偉大です。粘着性のひっつき虫は一日干せば取りやすくなります。

関連記事

ヒアナタノイコヅチ
ヒユ科~ヒナタイノコヅチ(日向猪子槌)

側を通ると引っ付き虫を連れてきてしまいます。結構がっちりくっついて取るのが大変です。 ヒナタイノコヅチの特徴 ヒユ科イノコヅチ属の多年草、ヒナタイノコヅチ(日向猪子槌)です。中国と北海道の一部から九州 ...

続きを見る

ミズヒキ
タデ科~ミズヒキ(水引)

日陰や半日陰の庭の片隅を趣のある場所に変えてくれる植物です。ミズヒキ、タデ科イヌタデ属の多年草です。東アジア原産で日本全土に分布しています。 ミズヒキの特徴 8月、茎頂や葉腋から総状花序を出し1mほど ...

続きを見る

ヤエムグラ(八重葎)
アカネ科~ヤエムグラ(八重葎)とヨツバムグラ(四葉葎)

ヤエムグラの特徴 東アジア、ヨーロッパ、アフリカ、日本各地に分布する史前帰化植物です。養分があり適度な湿り気のあるところに普通に生えます。名前の由来は葉が重なるように生えることから「八重」、群がって茂 ...

続きを見る

ハエドクソウ科~ハエドクソウとナガバハエドクソウ

特徴 ハエドクソウ科ハエドクソウ属の多年草です。ハエドクソウ(蝿毒草)の名は昔よく目にした茶色いハエトリ紙に根をすりおろして煮詰めた液が使われていたことによります。フリマロリンが含まれていて毒です。 ...

続きを見る

ウインターコスモス
キク科~ビデンス(ウインターコスモス)

ウインターコスモスはコスモスと入れ替わるように現れる冬の庭を明るくしてくれる丈夫な花です。覚えやすくて可愛い、いい名前を付けてもらいましたね。 ビデンスの特徴 キク科センダングサ属、日本に自生するセン ...

続きを見る

人気の記事

ヒメムカシヨモギ(姫昔蓬) 1

オオアレチノギクノギハハコ属の越年草です。庭に顔を出したので育ててみました。 ヒメムカシヨモギの特徴 空き地や道端で誰でも見たことがあるヒメムカシヨモギ(姫昔蓬)、北アメリカ原産で明治時代に日本に来た ...

イヌホオズキ 2

北海道から沖縄まで道端、空き地、庭先など、我が物顔という訳でもないのですが何処にでもいつの間にか存在しています。イナホオズキ(ホオズキではないという意味)からイヌホオズキ(犬酸漿)になったといわれてい ...

クサギカメムシ 3

以前、室内で見かけたクサギカメムシがモモの汁を吸いにやってきました。今年はカメムシやカナブンなどが沢山やってきてモモの被害が甚大です。ちょっと憎たらしくなります。 クサギカメムシの特徴 カメムシ目カメ ...

-ひっつき虫, 庭の植物, 植物の構造, 野草 雑草

Copyright© 奥行き1mの果樹園 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.