奥行き1mの果樹園

狭い庭で家庭菜園。完熟の果物を味わいたくて、小さな苗木から育てはじめ、美味しい実がなるようになりました。季節の花や野菜も育てています。庭に来る生き物や雑草も大切な仲間です。

庭に来た生き物

コフキコガネ(粉吹黄金虫)

更新日:

ベランダで脚を踏ん張れなくて前に進めず、元気なさそうな茶色い虫がいました。コガネムシ科のコフキコガネです。

ベランダでひっくり返っていたコフキコガネ

ひっくり返ってしまいました。

ティッシュを置いてやると必死につかむコフキコガネ

起こしてやろうとティッシュを近づけると必死につかんできました。

コフキコガネ、やっと起き上がれました。この後元気に飛んでいきました

コフキコガネの特徴

25~30mmの大型のコガネムシのコフキコガネ

25~30mmの大型のコガネムシです。名前の通り、粉を拭いたように見える背面には黄色い剛短毛が生えています。地色は暗黒褐色ですが、この部分の色は個体差が大きいですね。

粉を拭いたように見える背面には黄色い剛短毛があるコフキコガネ

背面の毛が随分と剥がれてしまっています。毛の生え具合によって見る角度で色が違って見えます。黒く大きな目も可愛いものです。

コフキコガネの雌の触角の片状部は短いですが愛嬌があります

雌の触角の片状部は短いですが、雄は湾曲して柄部より長く発達しています。この個体は雌ですね。雄の触角はなかなか愛嬌があります。

コフキコガネの一生

卵→幼虫→蛹→成虫の完全変態です。幼虫は地中でスギやマツなど草木の根を食べて成熟すると50mmにもなります。成虫は6月~9月に見られクヌギ、クリなど針葉樹や広葉樹の葉を食べます。食欲旺盛です。夜間灯火に集まります。、

しばらくじっとしていましたが、元気に飛び立っていきました。

人気の記事

ヒメムカシヨモギ(姫昔蓬) 1

空き地や道端で誰でも見たことがあるこの草、庭に出てきたので育ててみました。明治時代に日本に来た帰化植物です。鉄道建設に伴って広がっていきました。「御維新草」「明治草」「世代わり草」「鉄道草」と時代を写 ...

イヌホオズキ 2

北海道から沖縄まで道端、空き地、庭先など、我が物顔という訳でもないのですが何処にでもいつの間にか存在しています。イナホオズキ(ホオズキではないという意味)からイヌホオズキ(犬酸漿)になったといわれてい ...

クサギカメムシ 3

以前、室内で見かけたクサギカメムシがモモの汁を吸いにやってきました。今年はカメムシやカナブンなどが沢山やってきてモモの被害が甚大です。ちょっと憎たらしくなります。 クサギカメムシの特徴 カメムシ目カメ ...

-庭に来た生き物

Copyright© 奥行き1mの果樹園 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.