奥行き1mの果樹園

狭い庭で家庭菜園。完熟の果物を味わいたくて、小さな苗木から育てはじめ、美味しい実がなるようになりました。季節の花や野菜も育てています。庭に来る生き物や雑草も大切な仲間です。

庭の植物 果樹

赤いキウイと脱皮するソラマメ

キウイと無花果

;

キウイ

鳥の世界は雄が鮮やかな羽をまとっていますが、キウイの雄もこの赤い色が印象的で、力強さを感じます。ゴールデンキウイとイチジクが芽を出しました。キウイには雌雄両方の木が必要です。これは雄木です。つるも雌木に比べ太くやはり赤色が入っていて巻き付く力も半端ではありません。

キウイ雌

一昨年はもう飽きたといわれるぐらい採れました。去年は「え、これだけ?」。棚いっぱいになったので強く剪定をしたことが響きました。何せ密集地なもので、場所のやりくりが大変なのです。でも 今年は期待しています。後は雄と雌の花が同時期に咲くといいのですが、去年も一昨年も雄花が遅れてしまい、花粉を買って受粉させました。花が咲けば綿棒で花粉をつけていきます。

イチジクも芽を出しました。

イチジク

葉脈が面白いでしょう。これは日本無花果で、耐寒性があり、収穫量も多い、蓬莱柿「ほうらし」という品種です。樹勢が強くぐんぐん伸びるので、落葉したら二節残してバッサリ剪定します。それでもこうやって早めに実を幾つか付けています。8月頃から1か月以上収穫できます。

脱皮する空豆と

空豆実

花は咲き終わると真っ黒になって、中で育った実が大きくなってくると、こんな風に。ちょうど服を脱いでいるかのように。いい感じの脱ぎ加減だと思いませんか。空豆は熟すると背中が黒くなります。黒がキーワードなんですね。

空豆

人気の記事

ヒメムカシヨモギ(姫昔蓬) 1

オオアレチノギクノギハハコ属の越年草です。庭に顔を出したので育ててみました。 ヒメムカシヨモギの特徴 空き地や道端で誰でも見たことがあるヒメムカシヨモギ(姫昔蓬)、北アメリカ原産で明治時代に日本に来た ...

イヌホオズキ 2

北海道から沖縄まで道端、空き地、庭先など、我が物顔という訳でもないのですが何処にでもいつの間にか存在しています。イナホオズキ(ホオズキではないという意味)からイヌホオズキ(犬酸漿)になったといわれてい ...

クサギカメムシ 3

以前、室内で見かけたクサギカメムシがモモの汁を吸いにやってきました。今年はカメムシやカナブンなどが沢山やってきてモモの被害が甚大です。ちょっと憎たらしくなります。 クサギカメムシの特徴 カメムシ目カメ ...

-庭の植物, 果樹

Copyright© 奥行き1mの果樹園 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.