奥行き1mの果樹園

狭い庭で家庭菜園。完熟の果物を味わいたくて、小さな苗木から育てはじめ、美味しい実がなるようになりました。季節の花や野菜も育てています。庭に来る生き物や雑草も大切な仲間です。

庭に来た生き物

オッドアイ(金目銀目)のしろちゃんとみーちゃん

更新日:

朝、外で「みやー」と鳴く声が聞こえてきます。南側のフェンスの外でオッドアイの白猫ちゃんがお座りしています。開けてやると飛び込んできます。

左右の目の色が違うオッドアイのしろちゃん

オッドアイ

左右の目の色が違うオッドアイ。一方が黄色、他方が淡青色。

猫の中の5パーセントが白猫、その25パーセントがオッドアイだそうです。メラニン色素の量で虹彩の色が銅色>薄茶色>青になります。遺伝子変異、後天的な病気や怪我、胎内での色素形成の異常などが原因で起こるそうですが、青い目側の聴覚の障害がある可能性があったり、短命になる可能性があるそうです。

日本では金目銀目として珍重されてきました。
縁起の良い猫
神様の使い
家を守ってくれる
出会うといいことがある

このブログのドメイン名はこの子から付けました。いいことあるかしら。

しろちゃん

耳がカットされているのは去勢済みの地域猫ちゃんだからです。最初はすごく警戒心の強い猫でしたが、みゃーみゃーと話しかけているうちに距離が縮まってきました。

左右の目の色が違うオッドアイのしろちゃん

そばに寄ってきてお腹を見せるようになり、こんな仕草をするようになり。毎日のように窓の外で呼ぶ声が聞こえるようになりました。

いつの間にかベランダで休憩中のオッドアイのしろちゃん

あちこち匂い付けをして、私の足ににすりすりして、いつの間にか家の中にいたり。フェンスは殆ど開けっ放しなのでいつの間にかくつろいでいます。

黄色、他方が淡青色の眼、日本では金目銀目、きれいな色です。

「今日は来た?」「にゃん来てるよ」は息子との毎日の会話の一つです。最近丸々と大きくなりました。美味しいもの貰っているのでしょう。

しろちゃん、警戒中、

サクランボの木の下でちょっと警戒中です。何か気になっているようです。

みーちゃん

この辺りには以前より数は減りましたが沢山の野良猫ちゃんが暮らしています。去勢手術もされて、あちこちでご飯をもらい、あちこちで色々な名前で呼ばれています。

玄関側で待っているキジトラちゃんがいます。

人なつっこいあちこちで可愛がられているかなりのおばあちゃん、玄関前で待ってくれています
縄張りがあるのでしょう。最初は南側の庭に来ていましたが、オッドアイの白猫ちゃんに場所をとられていまいました。白猫ちゃん、なかなか気が強いとの評判です。人懐っこい、かなりのおばあちゃん。沢山の名前を持っています。

我が家の看板犬?と一緒にいるミーちゃん

仲良し?

初代みーちゃん

犬がまだ生きていた頃よく遊びに来ていた可愛いみーちゃんがいました。
何処かで飼われていたのでしょうか、最初から警戒心ゼロでした。眼があまり見えていなかったアール〈犬の名前)がぐんぐん寄っていっても嫌がらずに遊んでくれました。

しなやかな猫らしい動き、運動神経抜群の初代ミーちゃん

綺麗な猫ちゃんで、しかも猫らしいしなやかな動きで、運動神経抜群。フェンスは飛び越えて入ってきていましたし、腰高の窓を開けていたら、よくジャンプして家の中に飛び込んで来ていました。

いつの間にか家の中にいたりこんなところで寝てたり、初代ミーちゃん

こんなところでお休みです。冬になっていつの間にか姿が見えなくなって心配しました。
誰かに飼われたのならいいのですが。

また明日も「みゃー」と呼ぶ声がすることでしょう。

人気の記事

ヒメムカシヨモギ(姫昔蓬) 1

空き地や道端で誰でも見たことがあるこの草、庭に出てきたので育ててみました。明治時代に日本に来た帰化植物です。鉄道建設に伴って広がっていきました。「御維新草」「明治草」「世代わり草」「鉄道草」と時代を写 ...

イヌホオズキ 2

北海道から沖縄まで道端、空き地、庭先など、我が物顔という訳でもないのですが何処にでもいつの間にか存在しています。イナホオズキ(ホオズキではないという意味)からイヌホオズキ(犬酸漿)になったといわれてい ...

クサギカメムシ 3

以前、室内で見かけたクサギカメムシがモモの汁を吸いにやってきました。今年はカメムシやカナブンなどが沢山やってきてモモの被害が甚大です。ちょっと憎たらしくなります。 クサギカメムシの特徴 カメムシ目カメ ...

-庭に来た生き物

Copyright© 奥行き1mの果樹園 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.