奥行き1mの果樹園

狭い庭で家庭菜園。完熟の果物を味わいたくて、小さな苗木から育てはじめ、美味しい実がなるようになりました。季節の花や野菜も育てています。庭に来る生き物や雑草も大切な仲間です。

庭に来た生き物

キンケハラナガツチバチとヒメハラナガツチバチ

更新日:

花を見るとあっちにもこっちにも体で花を包むように丸まってせわしげに動き回る黄色と黒の模様のツチバチがいます。

ツチバチの特徴

ハチを思わせる配色と大きさから怖がる人もいるそうですがツチバチは大人しいハチです。ツチバチ科の中~大型のハチで、体は細長く脚は短く、体色が黒色、白、黄色、赤色の斑紋や帯紋があり剛毛が密集しています。成虫の食卓は花の蜜や花粉。幼虫も成虫も単独行動をします。

産卵と幼虫

雌のツチハチは地表すれすれを飛びながら嗅覚でコガネムシの幼虫を探し、地中に潜り幼虫の胸部を刺し麻痺させて腹部に卵を産み付けます。少し残酷な気もしますが、コガネムシの幼虫は生きたまま幼虫のえさになります。コガネムシは人間からみると植物の根を食べる害虫です。それをやっつけるのですからツチバチは益虫ということになります。雌の成虫は乾いた土の中で越冬します。土を掘るためにツチバチの雌の大顎は大きく発達しています。

キンケハラナガツチバチ

名のごとく金色の毛束だらけの雌のキンケハラナガツチバチ

触角が短いので雌のキンケハラナガツチバチ、名前のごとく輝く金色の毛だたらけです。アップルミントに夢中で体を丸めて忙しく動き回っています。短い脚で大事そうに抱え込んでなんとも可愛いい姿です。

肝臓型の面白い複眼と面白い顔のキンケハラナガツチバチ

体長 雄16~23mm、雌17~27mm。雌の方が大きく太い。
発生 年1回 5~10月
頭胸部 黄褐色の長毛が密生、触角の付け根にも毛束、胸部下部の毛は薄い
腹部 雄 太い濃い黄色の帯紋、毛帯が4本 雌 帯紋はなく光沢がある。胸部よりやや淡いい4本の毛帯のみ

肝臓型の眼に黒地に毛だらけの雌のキンケハラナガツチバチ

肝臓のような形の複眼が面白い。脚にも鋭い刺、毛だらけです。

ヒメハラナガツチバチ

体長 雄11~19mm、雌15~22mm。
発生 1回 4~11月、雄は7~8月によく見られる
頭胸部 雄、胸部には黄褐色の長毛が密生、胸背板中央に黄色い笑った顔のような斑紋がある。雌 胸部には白っぽい長毛が密生
腹部 第一節がぐっと細くなっている。雄 薄い黄帯、毛帯が5本。雌 毛帯が少ない。
翅 雌の翅端に暗班がある

胸背部に笑った顔のような黄色い斑紋がある雄のヒメハラナガツチバチ

上の写真はハツユキソウ、雄の特徴の背中の斑紋が見えます。

5本の黄色い帯紋と毛帯をもつ雄のヒメハラナガツチバチ

アップルミントに夢中。ツチバチはみんなお尻をくっと丸めていますね。

花粉を背中にいっぱいつけた雌のヒメナガハラツチバチ

ネメシアの花粉を沢山背中に付けた雌のヒメナガハラツチバチ、翅の端に暗班があるのが雌の特徴です。

キオビツチバチ
ツチバチ科~キオビツチバチ

比較的大型でピカピカした黒い体に黄色い帯が目立つツチバチの仲間です。 ツチバチの特徴 ハチを思わせる配色と大きさですがツチバチは大人しいハチです。ツチバチ科の中~大型のハチで、体は細長く脚は短く、体色 ...

続きを見る

人気の記事

ヒメムカシヨモギ(姫昔蓬) 1

オオアレチノギクノギハハコ属の越年草です。庭に顔を出したので育ててみました。 ヒメムカシヨモギの特徴 空き地や道端で誰でも見たことがあるヒメムカシヨモギ(姫昔蓬)、北アメリカ原産で明治時代に日本に来た ...

イヌホオズキ 2

北海道から沖縄まで道端、空き地、庭先など、我が物顔という訳でもないのですが何処にでもいつの間にか存在しています。イナホオズキ(ホオズキではないという意味)からイヌホオズキ(犬酸漿)になったといわれてい ...

クサギカメムシ 3

以前、室内で見かけたクサギカメムシがモモの汁を吸いにやってきました。今年はカメムシやカナブンなどが沢山やってきてモモの被害が甚大です。ちょっと憎たらしくなります。 クサギカメムシの特徴 カメムシ目カメ ...

-庭に来た生き物

Copyright© 奥行き1mの果樹園 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.