奥行き1mの果樹園

狭い庭で家庭菜園。完熟の果物を味わいたくて、小さな苗木から育てはじめ、美味しい実がなるようになりました。季節の花や野菜も育てています。庭に来る生き物や雑草も大切な仲間です。

ひっつき虫 庭の植物 植物の構造 自然教育園 野草 雑草

バラ科~キンミズヒキ(金水引)

投稿日:

鮮やかな黄色い花を長い花序に密に付けて目を引きます。鉤を沢山つけた果実も面白い。

キンミズヒキの特徴

キンミズヒキ

北海道から九州、朝鮮、中国、ロシアに見られるバラ科キンミズヒキ属の在来の多年草です。中国名は龍牙草、生薬名にもなっています。

茎・葉

キンミズヒキの葉

草丈50~100cm。茎は直立し長短の毛が多く、よく分岐します。葉は大小の小葉5~9枚からなる奇数羽状複葉で互生に付きます。頂葉は先端が尖り菱状倒楕円形で長さ3~6cm、荒い鋸歯があります。裏面に腺点があります。

キンミズヒキの托葉

葉柄には茎を挟んで付く托葉があり、反卵形で内側に湾曲して先が尖り荒い鋸歯があります。

キンミズヒキ

花期は7~10月。長い総状花序に黄色い花を密に付けます。花柄は短く花径7~10mm、花弁は倒卵形で5枚、雄しべは8~15本。花糸も葯も黄色です。

果実

キンミズヒキの果実

萼が発達して閉じ径4~5mm、長さ5~6mmの円錐形の果実になります。咢筒には深い5条の縦の筋があります。萼片の先端はドーム状の突起になり上縁には上向きに鉤のある長さ3mmの棘があります。この棘で衣服などにくっつき散布されます。3mmの果実が1個入っています。

キンミズヒキの果実

関連記事

同じ水引の名のついたタデ科の「ミズヒキ」や「ギンミズヒキ」。印象が全く異なります。

ミズヒキ
タデ科~ミズヒキ(水引)

日陰や半日陰の庭の片隅を趣のある場所に変えてくれる植物です。ミズヒキ、タデ科イヌタデ属の多年草です。東アジア原産で日本全土に分布しています。 ミズヒキの特徴 8月、茎頂や葉腋から総状花序を出し1mほど ...

続きを見る

人気の記事

ヒメムカシヨモギ(姫昔蓬) 1

オオアレチノギクノギハハコ属の越年草です。庭に顔を出したので育ててみました。 ヒメムカシヨモギの特徴 空き地や道端で誰でも見たことがあるヒメムカシヨモギ(姫昔蓬)、北アメリカ原産で明治時代に日本に来た ...

イヌホオズキ 2

北海道から沖縄まで道端、空き地、庭先など、我が物顔という訳でもないのですが何処にでもいつの間にか存在しています。イナホオズキ(ホオズキではないという意味)からイヌホオズキ(犬酸漿)になったといわれてい ...

クサギカメムシ 3

以前、室内で見かけたクサギカメムシがモモの汁を吸いにやってきました。今年はカメムシやカナブンなどが沢山やってきてモモの被害が甚大です。ちょっと憎たらしくなります。 クサギカメムシの特徴 カメムシ目カメ ...

-ひっつき虫, 庭の植物, 植物の構造, 自然教育園, 野草 雑草

Copyright© 奥行き1mの果樹園 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.