奥行き1mの果樹園

狭い庭で家庭菜園。完熟の果物を味わいたくて、小さな苗木から育てはじめ、美味しい実がなるようになりました。季節の花や野菜も育てています。庭に来る生き物や雑草も大切な仲間です。

植物 植物の構造 自然教育園 野草 雑草

シソ科~カリガネソウ(雁金草)

小さいながら鮮やかな青色に白い班の入った淡青紫色の唇形の花が散在、大きく羽を広げるような草姿です。

カリガネソウの特徴

カリガネソウの花

シソ科(旧クマツヅラ科)カリガネソウ属の多年草です。北海道から九州の山地に見られ、東アジアに分布しています。別名ホカケソウ(帆掛草)。臭気があると言われていますがあまり感じませんでした。

カリガネソウの葉

草丈70~100cm。茎は4稜あり、短毛があります。茎は放射状に多数分岐します。葉は対生幅2~8cm、長さ8~13cmのと広卵形で両面無毛、浅い鋸歯があります。

カリガネソウ

花期8~9月。茎頂、葉腋に集散花序を出します。

カリガネソウの花

花は2唇形。花色は青紫色、ピンク色もあります。萼は杯状、2~3mmで5裂し、白い筒部は8~10mm、上唇は2裂、下唇は3裂し、裂片はさじ状で縁は襞状になっています。下唇の中央部は大きく反曲していて鮮やかな青色の地に白い班があります。3~3.5cmの花柱と長短4本の雄しべが長く伸び湾曲します。筒部の蜜を吸おうとやってきたハナバチが下の大きな裂片に止まるとその重みでバネのように雌しべや雄しべが下がってきます。昆虫が他花の花粉を付けていればY字型の柱頭に付いて受粉が行われ、花粉が出ていればそれを背中に付けて花粉を運んでくれます。軽い昆虫では残念ながらこの仕組みは働きません。

果実

カリガネソウの若い果実

萼は5~6mmになり4個の果実が入ります。

カリガネソウの果実

黒く熟してきました。3~4mmの倒卵形で網目模様が見えます。冬、地上部は枯れます。

人気の記事

ヒメムカシヨモギ(姫昔蓬) 1

オオアレチノギクノギハハコ属の越年草です。庭に顔を出したので育ててみました。 ヒメムカシヨモギの特徴 空き地や道端で誰でも見たことがあるヒメムカシヨモギ(姫昔蓬)、北アメリカ原産で明治時代に日本に来た ...

イヌホオズキ 2

北海道から沖縄まで道端、空き地、庭先など、我が物顔という訳でもないのですが何処にでもいつの間にか存在しています。イナホオズキ(ホオズキではないという意味)からイヌホオズキ(犬酸漿)になったといわれてい ...

クサギカメムシ 3

以前、室内で見かけたクサギカメムシがモモの汁を吸いにやってきました。今年はカメムシやカナブンなどが沢山やってきてモモの被害が甚大です。ちょっと憎たらしくなります。 クサギカメムシの特徴 カメムシ目カメ ...

-植物, 植物の構造, 自然教育園, 野草 雑草

Copyright© 奥行き1mの果樹園 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.