奥行き1mの果樹園

狭い庭で家庭菜園。完熟の果物を味わいたくて、小さな苗木から育てはじめ、美味しい実がなるようになりました。季節の花や野菜も育てています。庭に来る生き物や雑草も大切な仲間です。

庭の植物 植物の構造 自然教育園 花粉症の原因植物 野草 雑草

アサ科~カナムグラ(鉄葎)

気が付かないだけで結構あちこちに見かけます。あっという間にほかの植物に覆いかぶさるように茂りとても厄介な植物です。その他にも厄介に問題が・・・

カナムグラの特徴

アサ科カラハナソウ属の一年草のつる植物です。強靭な蔦を鉄に例え、葎は繁茂して絡み合う様子をは表しています。別名ヤブゴロシ、ササガラシ、ネバリクサ。キタテハの食卓です。
秋の花粉症の原因となる植物です。飛散距離は短いのですが身近に多くあることから影響を受けやすく、一般的な花粉症の症状の他にメロンやスイカなどの口腔アレルギーを起こす可能性があります。

カナムグラ

茎、葉柄に鋭い下向きの棘があり他の植物に絡みつきます。棘は枯れてからも残り取り除くにも厄介です。葉は対生、葉柄は長く葉は5~12cmの掌状に5~7裂し、鋸歯があります。表面には荒い毛がありざらつきます。

花期は8~11月、雌雄異株です。雄花が早く開花します。

カナムグラ雄花

カナムグラ雄花

雄株は円錐花序を出し多数の花径7mmの淡緑色の花をまばらに付けます。花被片は5枚で毛が密生しています。雄しべは5本、短く細い花糸の先に大きな黄色い葯が垂れ下がります。披針形の托葉があります。

カナムグラの雌花

カナムグラの雌花

葉腋から花茎をのばして緑色の苞に包まれた3mmほどの雌花を下向きに数個、穂状に付けます。緑色の子房から2本の花柱を出します。

カナムグラの果実

最初緑色だった苞は長さ1cmほどに、縁の白い毛や赤紫色の斑紋が目立つようになり反り返ってきます。

果実

カナムグラ

若い果実です。長さ5mm、痩果で果皮に包まれ先端に凸部があります。茶褐色に変化し、果皮には複雑な模様があります。

カナムグラ

人気の記事

ヒメムカシヨモギ(姫昔蓬) 1

オオアレチノギクノギハハコ属の越年草です。庭に顔を出したので育ててみました。 ヒメムカシヨモギの特徴 空き地や道端で誰でも見たことがあるヒメムカシヨモギ(姫昔蓬)、北アメリカ原産で明治時代に日本に来た ...

イヌホオズキ 2

北海道から沖縄まで道端、空き地、庭先など、我が物顔という訳でもないのですが何処にでもいつの間にか存在しています。イナホオズキ(ホオズキではないという意味)からイヌホオズキ(犬酸漿)になったといわれてい ...

クサギカメムシ 3

以前、室内で見かけたクサギカメムシがモモの汁を吸いにやってきました。今年はカメムシやカナブンなどが沢山やってきてモモの被害が甚大です。ちょっと憎たらしくなります。 クサギカメムシの特徴 カメムシ目カメ ...

-庭の植物, 植物の構造, 自然教育園, 花粉症の原因植物, 野草 雑草

Copyright© 奥行き1mの果樹園 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.