奥行き1mの果樹園

狭い庭で家庭菜園。完熟の果物を味わいたくて、小さな苗木から育てはじめ、美味しい実がなるようになりました。季節の花や野菜も育てています。庭に来る生き物や雑草も大切な仲間です。

庭の植物 果樹

さくらんぼ→李→桃→姫リンゴと花のリレー

更新日:

3月3日にさくらんぼの花が咲いて、「奥行き1mの果樹園」の春が始まりました。

サクランボ

そのサクランボはもう葉桜になって、小さな実が沢山付いています。

サクランボの赤ちゃん

雄しべがそのままの形で付いた実がありました。もう脱げそうです。

3月19日、バラ科スモモ属のスモモの花が咲きました。

スモモ

薄く透明感のある白色の小ぶりの花びらに葯の黄色が映えて綺麗です。

スモモ

枝にあふれるほど花を付けて、明るい緑色の柔らかい葉も出てきました。優しい風が流れるようです。

スモモ

葉が出てくるとそろそろ花も終わりです。小さな実も見られるようになりました。

3月16日、桃の蕾が付きました。まだ蕚にしっかり包まれています。

モモの蕾

バラ科サクラ属で品種は白鳳。自家受粉しますから一本でも実がなります。

柱頭が顔をのぞかせた梅の花

もう開く準備ができています。黄色い花頭が顔を覗かしてこんなに愛らしい姿に。3月21日に開花しました。

モモの花

モモの花は5cmを超えるほどで色も濃く華やかです。一節に花が2個付きます。ウメの花は先が丸いですがモモの花びらは少し尖がっています。

モモの花

去年は枝の剪定を強めにしたので花が少なくてがっかりしましたが、今年は沢山花を付けてくれました。7月が楽しみです。ずっしり重いジューシーな実がなります。そろそろ葉が出てきました。花も散り始め、地面にはピンクの花びらが重なるように色を添えています。

そして、ヒメリンゴにも蕾が付きました。

ヒメリンゴ アルプスの乙女

品種はアルプス乙女。木が小さくまだ味はいまいちですが、花は可憐です。

玄関先のレモンは丸みを帯びオレンジ色になってきました。「これは何の実ですか」とよく聞かれます。八百屋さんのレモンしか知らない人には驚かれます。

レモンの果実

完熟のレモンは甘い良い香りがします。色のいいのから摘んで楽しんでいます。無農薬ですから勿論、皮まで食べられます。

人気の記事

ヒメムカシヨモギ(姫昔蓬) 1

オオアレチノギクノギハハコ属の越年草です。庭に顔を出したので育ててみました。 ヒメムカシヨモギの特徴 空き地や道端で誰でも見たことがあるヒメムカシヨモギ(姫昔蓬)、北アメリカ原産で明治時代に日本に来た ...

イヌホオズキ 2

北海道から沖縄まで道端、空き地、庭先など、我が物顔という訳でもないのですが何処にでもいつの間にか存在しています。イナホオズキ(ホオズキではないという意味)からイヌホオズキ(犬酸漿)になったといわれてい ...

クサギカメムシ 3

以前、室内で見かけたクサギカメムシがモモの汁を吸いにやってきました。今年はカメムシやカナブンなどが沢山やってきてモモの被害が甚大です。ちょっと憎たらしくなります。 クサギカメムシの特徴 カメムシ目カメ ...

-庭の植物, 果樹

Copyright© 奥行き1mの果樹園 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.