奥行き1mの果樹園

狭い庭で家庭菜園。完熟の果物を味わいたくて、小さな苗木から育てはじめ、美味しい実がなるようになりました。季節の花や野菜も育てています。庭に来る生き物や雑草も大切な仲間です。

庭の植物 植物の構造 自然教育園 野草 雑草

キンポウゲ科~イヌショウマ(犬升麻)

長い花序に並んだピンク色の丸い蕾は可愛く、どのような花かと思ったら、白い沢山の雄しべがブラシのように広がった花でした。単一の花序は楚々とした印象、よく分岐した花序は華やかで木陰に映えます。

イヌショウマの特徴

イヌショウマ

関東から近畿地方、朝鮮、中国の山地ややや湿った場所に自生するキンポウゲ科サラシナショウマ属の在来種の多年草です。単にショウマとはサラシナショウマのことを指し、根を生薬に若葉は食用になるサラシナショウマに対して、役に立たないという意味でイヌショウマの名が付いたそうです。

イヌショウマの葉

草丈50~100cm。根生葉は長い葉柄を持ち1~2回3出複葉で小葉は幅4~18、長さ5~20cmの円心形、基部は心形で掌状に3~5浅裂します。荒い不揃いな鋸歯があります。

イヌショウマの葉

葉脈がはっきりとして硬質な葉です。葉脈上に短毛があり葉裏は白っぽい。

イヌショウマの葉裏

イヌショウマの蕾

花期8~9月。長い花茎を伸ばし単一、または下部で分枝した穂状花序を付けます。無柄で最初は緑色。茎には上向きの短毛が密生して白っぽく見えます。

イヌショウマの花

花径4mmほどの白色の花を螺旋状に密に付け下から咲き上がります。萼片は長楕円形で4~5枚あり、緑色から薄いピンク色を帯びてきました。萼片は開花すると落ちてしまいます。開きかけた花から白い雄しべが零れています。

イヌショウマの花

一部に白い長楕円形の花弁がわずかに残っています。棍棒状の雌しべが1本、雄しべは多数で円形に広がり花糸は白色で7~8mm、葯は円形または楕円形で白色。あまり昆虫を見かけませんでした。

果実

イヌショウマの果実

5~6mmの袋果です。花柱が残っていて面白い形です。

イヌショウマの果実

熟すと上部が2裂し数個の種子が散布されます。3mmほどのいびつな長楕円形の種子の表面には襞があります。

人気の記事

ヒメムカシヨモギ(姫昔蓬) 1

オオアレチノギクノギハハコ属の越年草です。庭に顔を出したので育ててみました。 ヒメムカシヨモギの特徴 空き地や道端で誰でも見たことがあるヒメムカシヨモギ(姫昔蓬)、北アメリカ原産で明治時代に日本に来た ...

イヌホオズキ 2

北海道から沖縄まで道端、空き地、庭先など、我が物顔という訳でもないのですが何処にでもいつの間にか存在しています。イナホオズキ(ホオズキではないという意味)からイヌホオズキ(犬酸漿)になったといわれてい ...

クサギカメムシ 3

以前、室内で見かけたクサギカメムシがモモの汁を吸いにやってきました。今年はカメムシやカナブンなどが沢山やってきてモモの被害が甚大です。ちょっと憎たらしくなります。 クサギカメムシの特徴 カメムシ目カメ ...

-庭の植物, 植物の構造, 自然教育園, 野草 雑草

Copyright© 奥行き1mの果樹園 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.