奥行き1mの果樹園

狭い庭で家庭菜園。完熟の果物を味わいたくて、小さな苗木から育てはじめ、美味しい実がなるようになりました。季節の花や野菜も育てています。庭に来る生き物や雑草も大切な仲間です。

庭の植物 植物の構造 毒のある植物 育て方 自然教育園

ナス科~フユサンゴ(冬珊瑚)・タマサンゴ(玉珊瑚)

夏に咲く花は白い花弁に橙色の葯が目立つイヌホウズキやワルナスビによく似たナス科らしい花です。見所は秋から冬にかけて緑色から橙色に変化する果実で長期間楽しませてくれます。が、有毒です。

フユサンゴの特徴

フユサンゴ

南米原産のナス科ナス属の半耐寒常緑低木で明治中期に渡来しました。別名タマサンゴ(玉珊瑚)タマヤナギ(玉柳)、リュウノタマ(竜の玉)、英名クリスマスチェリー、エルサレムチェリー。全草ソラニンを含んで毒です。

 

フユサンゴ(タマサンゴ)の葉

樹高50~100cm。枝はよく分岐して緑色で星状毛があります、葉は互生に密に付け、こんもりとドーム型になります。短い葉柄があり葉は長さ3~5cmの長楕円形で先端は尖り基部は楔形、全縁で縁が波打ちます。艶のない濃緑色で細毛があります。

フユサンゴの葉裏

葉裏には毛が多く見られます。スノーサンゴと呼ばれる斑入りの品種もあります。

フユサンゴの花

花期7~9月。花径1cm、葉腋に葉と対に短い花柄を出し白色の花を1~4個を下向きに付けます。先端が5深裂し平開します。雄しべは5本、花糸は細く短く白色、葯は橙色で糸状の花柱の周りに接するように付きます。葯は2室で孔裂開します。

フユサンゴの花

萼は広鐘形で5裂、花被片の裏側には筋があり紫外線を吸収します。

果実

フユサンゴの若い果実

果実は10~1月と長く見られます。直径12~15mmのやや縦長の球形の液果で緑色(白色)から橙色と変わります。種子は3.5mmの白色。ビッグボーイは大きい果実の品種です。

フユサンゴの果実

育て方

耐寒性はー5℃、暖地では冬越しが可能で、病害虫に強く育てやすい植物です。日向を好み、半日陰でも育ちますが花付きが悪くなります。あまり大きくなる木ではないので剪定の必要はありません。移植に弱く根鉢を崩さないように注意が必要です。増やすのは実生で、種蒔きは4~5月、繁殖力旺盛で零れ種でも増えます。

人気の記事

ヒメムカシヨモギ(姫昔蓬) 1

オオアレチノギクノギハハコ属の越年草です。庭に顔を出したので育ててみました。 ヒメムカシヨモギの特徴 空き地や道端で誰でも見たことがあるヒメムカシヨモギ(姫昔蓬)、北アメリカ原産で明治時代に日本に来た ...

イヌホオズキ 2

北海道から沖縄まで道端、空き地、庭先など、我が物顔という訳でもないのですが何処にでもいつの間にか存在しています。イナホオズキ(ホオズキではないという意味)からイヌホオズキ(犬酸漿)になったといわれてい ...

クサギカメムシ 3

以前、室内で見かけたクサギカメムシがモモの汁を吸いにやってきました。今年はカメムシやカナブンなどが沢山やってきてモモの被害が甚大です。ちょっと憎たらしくなります。 クサギカメムシの特徴 カメムシ目カメ ...

-庭の植物, 植物の構造, 毒のある植物, 育て方, 自然教育園

Copyright© 奥行き1mの果樹園 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.