奥行き1mの果樹園

狭い庭で家庭菜園。完熟の果物を味わいたくて、小さな苗木から育てはじめ、美味しい実がなるようになりました。季節の花や野菜も育てています。庭に来る生き物や雑草も大切な仲間です。

庭の植物 植物の構造

ムクロジ科の植物~フウセンカズラ(風船葛)

更新日:

可愛い風船が風に軽やかに揺れています。フウセンカズラ(風船葛)です。中萬米、東南アジア原産のムクロジ科フウセンカズラ属のつる性の一年草です。

フウセンカズラの特徴

フウセンカズラ、別名・バルーン・バイン

巻きひげを出してぐんぐん伸びて3mほどになります。属名・心臓(カルディア)種子(スペルマ)、別名・バルーン・バイン ハート・シード

葉は優しい緑色、2~3回の3出複葉で小葉は披針形、鋸歯があり、互生です。葉腋から長い蔓を出して先端に巻きひげ2本と数個の花がワンセットになっています。巻きひげは華奢に見えますが細いものにしっかりと巻き付きます。

フウセンカズラの3mmほどの小さな白い花

花は7~9月に長く花柄を伸ばして3mmほどの小さな白い花を咲かせます。左右に小さな2枚の萼と上下に大きな2枚の萼に花弁が4枚です。

フウセンカズラ、托の一部が膨らんだ黄色い花盤が大事に雄しべと雌しべを包む

花托の一部が膨らんだ黄色い花盤が大事に雄しべと雌しべを包んでいます。おしべは8本、柱頭は3裂しています。花盤から雄しべがのぞいています。

フウセンカズラの出来立ての果実、雄しべと先端のキラキラした柱頭

花弁と花盤が落ちました。雄しべと先端のキラキラした柱頭が見えます。上方の4枚の萼は2枚づつ大きさが違うのがよくわかります。

産毛に覆われたフウセンカズラの果実

雄しべが枯れ、そのすぐ上に対の蜜腺が見えます。白色から黄色に変わっています。果実の表面が産毛で覆われています。

果実

パンパンに膨らんで網目がしっかり入っだフウセンカズラの果実

8月、直径3cmほどの大きさになり、パンパンに膨らんできました。しっかり縫い合わせたように陵があり、網目がしっかり入っています。風船のように軽いですが、粘りのある果皮でしっかり種を守るように丈夫です。

まだ未熟な薄緑色のフウセンカズラの果実

ちょっと上のほうを切ってみました。果実は薄い膜で3室に分かれています。未熟な果実は奇麗な薄緑色で、ピカピカしています。

熟したフウセンカズラの果実

果皮は褐色になり熟してきました。果実は黒く表面はざらざらしています。お猿さんの顔のような、ハート形の白い模様が印象的です。

お猿さんの顔のようなフウセンカズラの種

寒さには弱くもう元気がなくなってきました。去年、道路上にこの特徴のある種を見つけてそれを蒔いたものです。また来年フェンスに風船が揺れることでしょう。ご近所にも。種の発芽温度は20~25度、蒔き時は4月下旬~5月です。1日水につけるか傷をつけると発芽しやすくなります。

人気の記事

ヒメムカシヨモギ(姫昔蓬) 1

オオアレチノギクノギハハコ属の越年草です。庭に顔を出したので育ててみました。 ヒメムカシヨモギの特徴 空き地や道端で誰でも見たことがあるヒメムカシヨモギ(姫昔蓬)、北アメリカ原産で明治時代に日本に来た ...

イヌホオズキ 2

北海道から沖縄まで道端、空き地、庭先など、我が物顔という訳でもないのですが何処にでもいつの間にか存在しています。イナホオズキ(ホオズキではないという意味)からイヌホオズキ(犬酸漿)になったといわれてい ...

クサギカメムシ 3

以前、室内で見かけたクサギカメムシがモモの汁を吸いにやってきました。今年はカメムシやカナブンなどが沢山やってきてモモの被害が甚大です。ちょっと憎たらしくなります。 クサギカメムシの特徴 カメムシ目カメ ...

-庭の植物, 植物の構造

Copyright© 奥行き1mの果樹園 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.