奥行き1mの果樹園

狭い庭で家庭菜園。完熟の果物を味わいたくて、小さな苗木から育てはじめ、美味しい実がなるようになりました。季節の花や野菜も育てています。庭に来る生き物や雑草も大切な仲間です。

庭に来た生き物

ホソヘリカメムシの戦略

更新日:

ヘリカメムシ科のカメムシです。

ホソヘリカメムシ、成虫の腹には黄色と黒の縞模様があり翅を広げると現れます

特徴

14~17mmほどの大きさです。成虫の腹には黄色と黒の縞模様があり翅を広げると現れます。雄の成虫は後脚腿節が不釣り合いなほど太く長く内側に刺の列があります。ガニ股です。この脚は縄張り争いの時に相手を挟み込む大事な役割があります。北海道などでは1世代ですが関東以南では2世代、3世代になります。

後脚腿節が不釣り合いなほど太い(縄張り争いの時の武器)ホソヘリカメムシ、

ホソヘリカメムシの一生

幼虫は一令齢幼虫は何も食べずに脱皮して2齢幼虫になり食卓を目指します。

ホソヘリカメムシの幼虫

初期の幼虫は蟻酸をもつアリに擬態して黒色で形も似ています。白い線はくびれを意識しているのか、動きもアリのようです。色が褐色に変わり翅芽も目立つようになりお尻が大きくなってカメムシらしくなっていきます。終齢幼虫になるのに20~30日を要し、色も赤褐色になります。

羽化しても飛び立てるようになるのに2日ほどかかります。成虫は4月から10月に出現します。越冬は成虫のまま落ち葉の下などにいるそうです。食性は幼虫成虫ともイネ科やマメ科などで変化していきます。

ホソヘリカメムシの越冬は成虫のまま落ち葉の下などで

集合ホルモン

集合ホルモンは集団で生活するカメムシ、ドクガや、ゴキブリなどが発散します。食卓にはこの集団ホルモンが発散されていて、天敵の規制バチも呼び寄せてしまいます。卵を産み付ける場所が食卓と違う場所なのは天敵の寄生バチに卵を産み付けられないようにするためと考えられています。その心配がなくなった2齢幼虫はこの集合ホルモンを目指し歩きます。

口針を葉に突き立ているホソヘリカメムシ

<口針を葉に突き立ているようです。つんつんしていました。>

共生細菌

捕食性の昆虫と違い植食性の昆虫は偏った食事になり栄養が不足します。体内に共生細菌を住まわせてサプリ代わりに利用し共生します。ほとんどが母子で受け継がれる垂直伝達です。

ホソヘリカメムシはこの共生細菌が他の昆虫とは違う役割や仕組みを持っているそうです。ホソヘリカメムシは垂直伝達ではなく幼虫が口から摂取して共存する環境伝達です。消化管に盲嚢という袋状のものが発達していてそれぞれが役割を持っています。

微生物の中には化学物質の分解や浄化の機能を持つものもあり、研究されてきました。その中のバークホルデリアという微生物をホリヘリカメムシの幼虫が土壌から取り込んで共生させることによって殺虫剤の耐性を獲得していることが分かったそうです。

またこの微生物とと共生しているも個体はしていないものに比べてサイズも大きく、産卵される卵の数も多いそうです。(産業技術総合研究所の20124/25の記事を参照)

生きていくためのそれぞれの戦略が面白いですね。

関連記事

アカヒメヘリカメムシ
アカヒメヘリカメムシ

ちょっとお腹の出た小さなカメムシです。北海道から九州まで、平地や山地の草むらに普通に見られます。カメムシ目ヘリカメムシ上科ヒメヘリカメムシ科です。 アカヒメヘリカメムシの特徴 大きさは6~8mmで、成 ...

続きを見る

人気の記事

ヒメムカシヨモギ(姫昔蓬) 1

オオアレチノギクノギハハコ属の越年草です。庭に顔を出したので育ててみました。 ヒメムカシヨモギの特徴 空き地や道端で誰でも見たことがあるヒメムカシヨモギ(姫昔蓬)、北アメリカ原産で明治時代に日本に来た ...

イヌホオズキ 2

北海道から沖縄まで道端、空き地、庭先など、我が物顔という訳でもないのですが何処にでもいつの間にか存在しています。イナホオズキ(ホオズキではないという意味)からイヌホオズキ(犬酸漿)になったといわれてい ...

クサギカメムシ 3

以前、室内で見かけたクサギカメムシがモモの汁を吸いにやってきました。今年はカメムシやカナブンなどが沢山やってきてモモの被害が甚大です。ちょっと憎たらしくなります。 クサギカメムシの特徴 カメムシ目カメ ...

-庭に来た生き物

Copyright© 奥行き1mの果樹園 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.