奥行き1mの果樹園

狭い庭で家庭菜園。完熟の果物を味わいたくて、小さな苗木から育てはじめ、美味しい実がなるようになりました。季節の花や野菜も育てています。庭に来る生き物や雑草も大切な仲間です。

庭に来た生き物 植物の構造 池田山公園 自然教育園

ツバキ科の植物~ヒサカキ(姫榊)とホタルガ

更新日:

別名、ビシャコ、ビシャ、ササキ、ヘンダラ。縁起が良いとされていて榊の代わりに神棚や仏壇などで使われます。ヒサカキの名は榊にあらず「非榊」とも一回り小さいという意味で「姫榊」ともいわれます。関東以北ではサカキが育たず、ヒサカキ、椿、楠、杉を神棚に供え、それをサカキと呼ぶ地方もあるようで、サカキのことを真榊、本榊と区別するようです。この近辺でサカキとして売られているのはヒサカキです。

ヒサカキの特徴

ヒサカキ(姫榊)の花

ツバキ科ヒサカキ属の常緑小高木、東北以南の山地に分布しています。中国、台湾、東南アジアと温暖な地域に自生しています。ヒサカキは耐寒性、耐陰性があり土壌もあまり選ばず適応能力が高い植物です。

ヒサカキ(姫榊)

花期は3~4月、雌花、雄花、両性花を付けます。上に伸びた枝には横向きに水平に伸びた枝には下向きに花を付けます。花は地味であまりいいとは言えないガスのような匂いがします。

雌花

ヒサカキ(姫榊)雌花

雄しべが退化した雌花です。蕾の間から花柱がのぞいています。花径2.5~5mmほどで花色は白、ベージュ、薄紫色があります。花柄は2mmほどと短く、葉腋から1~3個の釣鐘型の花が束生します。花弁は5枚、花弁の基部がわずかに合着しています。花柱は深く3裂し反り返っています。

反り返った3裂した花柱があるヒサカキ(姫榊)雌花、

雄花

雌花より大きいヒサカキ(姫榊)雄花

雄花です。雌花より少し大きく、12~15本の雄しべがあります萼は暗紫色で5枚。

今年伸びた枝は無毛で淡緑色です。葉柄が茎に低い陵を作っています。

平面的に付ける光沢のあるヒサカキ(姫榊)の葉

光沢がある葉は厚みがあり裏面は淡緑色、楕円形で浅い丸い鋸歯があり先が尖ります。幅1.5~3cm、葉身3~7cmの葉を互生に平面的に付けます。

果実

ヒサカキ(姫榊)のまだ若い緑色の果実

5月、果実ができました。10月には黒紫色に色付きます。鳥が大好きです。5~7mmの球形の液果には1.5mmの赤褐色の種子がたくさん入っています。

鳥が大好きな熟したヒサカキ(姫榊)の黒紫色の果実

仲間

サカキ  葉は全縁。7~10cmと葉は大きく葉の間隔が広い。6月 白い小さな花を咲かせ、11月、黒い果実をつける。

ハマサカキ 葉は2~4cm、短毛が密集もしくは無毛で肉厚、先が丸く縁が反り返る。花期は10~2月。暖かい地方の海岸などに自生する。街路樹に利用される。

ホタルガ

サカキ、ヒサカキはホタルガの幼虫の食卓です。ホタルガはマダラガ科の昼行性の蛾です。赤い頭部と黒い翅からホタルガの名が付きました。開帳45~6mm、翅は艶消しの黒、前翅の先端に斜めに走る白い帯がある印象的な蛾です。

ホタルガの雄

6月に庭のイチジクの葉にずっと止まっていたホタルガです。雄の触角は羽根毛状、雌はくし歯状です。上の写真は雄です。4~6月と8~9月に成虫が出現します。幼虫は黄色と黒、中央に薄墨色の帯がありその中央に細い黒線があります。側面に長い刺毛、上部に短い毛があります。この毛には毒はありませんが、分泌液に毒があります。触ると接触皮膚炎をおこします。

人気の記事

ヒメムカシヨモギ(姫昔蓬) 1

オオアレチノギクノギハハコ属の越年草です。庭に顔を出したので育ててみました。 ヒメムカシヨモギの特徴 空き地や道端で誰でも見たことがあるヒメムカシヨモギ(姫昔蓬)、北アメリカ原産で明治時代に日本に来た ...

イヌホオズキ 2

北海道から沖縄まで道端、空き地、庭先など、我が物顔という訳でもないのですが何処にでもいつの間にか存在しています。イナホオズキ(ホオズキではないという意味)からイヌホオズキ(犬酸漿)になったといわれてい ...

クサギカメムシ 3

以前、室内で見かけたクサギカメムシがモモの汁を吸いにやってきました。今年はカメムシやカナブンなどが沢山やってきてモモの被害が甚大です。ちょっと憎たらしくなります。 クサギカメムシの特徴 カメムシ目カメ ...

-庭に来た生き物, 植物の構造, 池田山公園, 自然教育園

Copyright© 奥行き1mの果樹園 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.