奥行き1mの果樹園

狭い庭で家庭菜園。完熟の果物を味わいたくて、小さな苗木から育てはじめ、美味しい実がなるようになりました。季節の花や野菜も育てています。庭に来る生き物や雑草も大切な仲間です。

庭の植物 野草 雑草

タデ科の植物~ヒメツルソバ(姫蔓蕎麦)

更新日:

ヒマラヤ、中国原産のヒメツルソバ(姫蔓蕎麦)、愛らしい花です。ソバの花に似ていることでこの名前が付きました。花柄の先にピンク色の小花が球形に集まった1cmほどの花を次々と付けます。明治時代にロックガーデン用にやってきました。今では野生化しています。

ヒメツルソバの特徴

ヒメツルソバは花柄の先にピンク色の小花が球形に集まった1cmほどの花を次々と付けます。

タデ科イヌタデ属(ペルシカリア属)、ポリゴナム、カンイタドリとも呼ばれます。

ヒメツルソバの葉は先端が尖った卵形で暗紫色のV字の模様があり、秋には真っ赤に紅葉する

道と塀の境の小さな隙間から顔を出していました。土に接したところから根を出し匍匐していって、一株で50cm四方にもなります。短い柄の先に互生に付く葉は、先端が尖った卵形で暗紫色のV字の模様があります。秋には真っ赤に紅葉します。赤、白、ピンクの競演です。

ヒメツルソバの花弁に見えるのは花被(蕚)、長く花が咲いているように見えます

花期は春から秋にかけてですが、真夏は小休止。花が開いています。花弁のよう見えるのは花被(蕚)です。花びらが枯れ落ちるということがないので、長く花があるように見えます。この色のままで中に種を持ちますが、外からはよくわかりません。タデ科の花の特徴です。

近所のお寺の塀の隙間から顔を出した趣のあるヒメツルソバ

育て方

 

暑さにも乾燥にも強く、多年草なので、地上部が枯れても根は生きています。雑草を抑えることもでき、夏のグランドカバーとしても優等生です。
楽に増えますし、また比較的簡単に取り除くこともできます。挿し木でも種でも増えます。

人気の記事

ヒメムカシヨモギ(姫昔蓬) 1

空き地や道端で誰でも見たことがあるこの草、庭に出てきたので育ててみました。明治時代に日本に来た帰化植物です。鉄道建設に伴って広がっていきました。「御維新草」「明治草」「世代わり草」「鉄道草」と時代を写 ...

イヌホオズキ 2

北海道から沖縄まで道端、空き地、庭先など、我が物顔という訳でもないのですが何処にでもいつの間にか存在しています。イナホオズキ(ホオズキではないという意味)からイヌホオズキ(犬酸漿)になったといわれてい ...

クサギカメムシ 3

以前、室内で見かけたクサギカメムシがモモの汁を吸いにやってきました。今年はカメムシやカナブンなどが沢山やってきてモモの被害が甚大です。ちょっと憎たらしくなります。 クサギカメムシの特徴 カメムシ目カメ ...

-庭の植物, 野草 雑草

Copyright© 奥行き1mの果樹園 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.