奥行き1mの果樹園

狭い庭で家庭菜園。完熟の果物を味わいたくて、小さな苗木から育てはじめ、美味しい実がなるようになりました。季節の花や野菜も育てています。庭に来る生き物や雑草も大切な仲間です。

庭の植物 植物の構造 自然教育園 野草 雑草

バラ科~ヘビイチゴとヤブヘビイチゴ

更新日:

敷石の間から顔を出したヘビイチゴが広がり始めました。

ヘビイチゴの特徴

ヘビイチゴの輝く5枚の黄色のハート形の花弁

バラ科のキジムシロ属の多年草です。アジア南東部に日本全土に分布されています。

ヘビイチゴの淡緑色で艶はなく浅い鋸歯があり長い葉柄がある3出複葉

茎は匍匐して広がり地面に付いたところから根を出して増えていきます。草丈5~10cm。葉は長い葉柄があり3出複葉で、1.5~2.5cm、基部に托葉があります。浅い緑色で艶はなく先は丸みを帯び浅い鋸歯です。

20個の雄しべ、葯は黄色、多数の雌しべがあるヘビイチゴの花

花期は3~5月。葉のわきから出た長い柄の先に直径1.5cmの黄色い花を1個咲かせます。花びらは鮮やかな黄色のハート形で5枚。雄しべは20個、葯は黄色。雌しべは多数あります。中央部が光っているように見えます。

果実

ヘビイチゴの果実は肥大した花托で偽果

内側の蕚片は3~5mmの三角形で5枚。外側の蕚片は3~7mmで5枚、内蕚片より少し大きく垂れ下がっていきます。果実は肥大した花托で偽果と呼ばれるもの。直径1.2~1.5cm、光沢のないピンク色の花床に1mm程のそう果を沢山つけます。果実は表面にまばらに毛があり、隆起した皺があります。

ヘビイチゴの果実は光沢のないピンク色の花床に1mm程の痩果を沢山つけます。

全草は乾燥させて解熱、神経痛の生薬に使われます。ドクイチゴとも呼ばれますが毒はありません。美味しくはありませんが。

ヘビイチゴとヤブヘビイチゴの違い

ヘビイチゴとヤブヘビイチゴの違いは

ヘビイチゴヤブヘビイチゴ
繁殖場所日当たりのよい湿った所半日蔭
葉の色黄緑色、艶がない濃緑色、艶がある
葉の形先が丸い先が尖っている
花期、花の大きさ3~5月、1,5cm4~6月、2cm
外蕚片は内萼片より
やや大きい
外萼片は内蕚片より
著しく大きい
花床光沢がなく薄いピンク色光沢があり鮮やかな赤色
果実果実に皺がある果実には皺がない
花と果実花が一斉に咲き、花と果実は同時に見られない花は少しずつ咲き、花と果実が同時に見られる

ヤブヘビイチゴ

ヤブヘビイチゴ葉

バラ科キジムシロ属の多年草です。東アジア、南アジア原産、本州から九州まで分布しています。草丈5~10cm、匍匐枝を出し根を出し広がります。20cmの長い葉柄を出し葉は3出複葉で基部に托葉があります。深緑色で艶があり小葉は楕円形で荒い鋸歯があります。

ヤブヘビイチゴ

花は散発的につくので花と果実が同時に見られます。

ヤブヘビイチゴ

花期は4~6月。花柄は3~6cm、先端に1個の黄色い花を付けます。内萼片は5枚の披針形、外萼片は葉状で2.5cm大きく5枚。花はヘビイチゴより大きく、花径2cm。雄しべは20本、葯は黄色で雌しべは多数あります。

果実

ヤブヘビイチゴの果実

果実は直径1.5cm、花床は濃紅色で光沢があり1mmほどの粒状のそう果が付きます。

関連記事

オヘビイチゴの花
バラ科~オヘビイチゴ

ヘビイチゴなどより弱々しく細い茎の先に沢山の小さな黄色い花を付けます。そして小さくて茶色の地味な果実を付けます。ヘビイチゴは果実が存在を主張しているのにこちらは他の植物に紛れてしまいます。 オヘビイチ ...

続きを見る

人気の記事

ヒメムカシヨモギ(姫昔蓬) 1

オオアレチノギクノギハハコ属の越年草です。庭に顔を出したので育ててみました。 ヒメムカシヨモギの特徴 空き地や道端で誰でも見たことがあるヒメムカシヨモギ(姫昔蓬)、北アメリカ原産で明治時代に日本に来た ...

イヌホオズキ 2

北海道から沖縄まで道端、空き地、庭先など、我が物顔という訳でもないのですが何処にでもいつの間にか存在しています。イナホオズキ(ホオズキではないという意味)からイヌホオズキ(犬酸漿)になったといわれてい ...

クサギカメムシ 3

以前、室内で見かけたクサギカメムシがモモの汁を吸いにやってきました。今年はカメムシやカナブンなどが沢山やってきてモモの被害が甚大です。ちょっと憎たらしくなります。 クサギカメムシの特徴 カメムシ目カメ ...

-庭の植物, 植物の構造, 自然教育園, 野草 雑草

Copyright© 奥行き1mの果樹園 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.