奥行き1mの果樹園

狭い庭で家庭菜園。完熟の果物を味わいたくて、小さな苗木から育てはじめ、美味しい実がなるようになりました。季節の花や野菜も育てています。庭に来る生き物や雑草も大切な仲間です。

庭の植物 植物の構造 野草 雑草

キク科の植物~ハキダメギク(掃溜菊)

1920年頃、牧野富太郎先生が世田谷区の掃溜めで発見したことでこの名前が付きました。原産は北アメリカ。南米、ヨーロッパ、アフリカ、アジアに広がる、キク科コゴメキク属の、一、二年草です。日本全国の道端や畑地に繁殖します。

特徴

全体に柔らかな感じで、草丈は20~60cm,、見たところは繁殖力強さは感じられません。しかし、1年間に何回も発芽結実を繰り返して繁殖するので、畑地では厄介な存在なのだそうです。

毛だらけのハキダメギク(掃溜菊)

茎は2分岐を繰り返し、葉は対生に付き長さは1,5~2..5cm、卵形で浅い鋸歯があります。表裏とも白い毛が沢山生えています。上部の葉の葉柄は下部の葉より短くなっています。

ハキダメギク(掃溜菊)の花

花期は6~11月。頭花は5mm程で、地味なので遠目には花らしきものとしか認識できません。5枚の白い舌状花は約4mmで先端が三つに切れ目が入っていて可愛い。中に多数の黄色い筒状花があります。総苞片や花柄には線毛が密生しています。

先端が3つに割れた白い舌状花が可愛いハキダメギク

果実

ハキダメギク(掃溜菊)の果実

約1,3mmの果実は黒く冠毛に覆われています。

ハキダメギク(掃溜菊)花と冠毛

風に乗ってあちこちへ旅に出ます。

人気の記事

ヒメムカシヨモギ(姫昔蓬) 1

オオアレチノギクノギハハコ属の越年草です。庭に顔を出したので育ててみました。 ヒメムカシヨモギの特徴 空き地や道端で誰でも見たことがあるヒメムカシヨモギ(姫昔蓬)、北アメリカ原産で明治時代に日本に来た ...

イヌホオズキ 2

北海道から沖縄まで道端、空き地、庭先など、我が物顔という訳でもないのですが何処にでもいつの間にか存在しています。イナホオズキ(ホオズキではないという意味)からイヌホオズキ(犬酸漿)になったといわれてい ...

クサギカメムシ 3

以前、室内で見かけたクサギカメムシがモモの汁を吸いにやってきました。今年はカメムシやカナブンなどが沢山やってきてモモの被害が甚大です。ちょっと憎たらしくなります。 クサギカメムシの特徴 カメムシ目カメ ...

-庭の植物, 植物の構造, 野草 雑草

Copyright© 奥行き1mの果樹園 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.