奥行き1mの果樹園

狭い庭で家庭菜園。完熟の果物を味わいたくて、小さな苗木から育てはじめ、美味しい実がなるようになりました。季節の花や野菜も育てています。庭に来る生き物や雑草も大切な仲間です。

多肉植物 庭の植物 植物の構造 育て方

ベンケイソウ科の植物~グラプトベリア・白牡丹

更新日:

白牡丹はベンケイソウ科グラプトベリア属の多肉植物です。グラプトベリアはグラプトペタルム属とエケベリア属のハイブリット種です。多くは肉厚の葉にうっすらと白い粉を帯びロゼッタ状に葉を重ねます。エケベリアの花は筒状花、グラプトペタルムの花は星状の違いがあります。以前はエケベリア属でしたが現在はグラプトベリア属に分類されています。

グラプトベリアの特徴

グラプトベリアの黄色いぷっくりとした花

重なった葉先がピンク色に紅葉する姿や黄色いぷっくらとした花が可愛い多肉植物です。

先端が赤く紅葉したバラのようなグラプトベリア

草丈5~15cm。楕円形やへら型の葉はバラのように重なったロゼット状です。気温が下がるとうっすらと葉先がピンクに紅葉します。

先がほんのり赤いグラプトベリア

グラプトベリアの黄色い花と先端がピンクの蕾

花期2~6月。葉腋から長く花径を出して穂状に花を付けます。花弁は5枚。萼は5枚、厚みがあって可愛い。中央に立っている5本の雄しべと花弁に張り付いているような5本の雄しべがあります。もう葯が破れて花粉は出てしまっているようです。

育て方

日当たり、風通しの良いところに置きます。浅い鉢でも栽培可能で植え替えなくても楽しめます。

耐暑性と耐寒性

比較的耐暑性も耐寒性(-1℃まで)もあり、凍らせなければ戸外での冬越しも可能。戸外のほうが株が元気に育ちます。

水やり

夏、冬は休眠期なので半月に1度に。湿る程度に。春秋きは成長期、葉の状態を見ながら水をやるときにはたっぷりと。葉の隙間に水がたまると下部が弱ったりブルームが取れてしまったり、レンズ状になって葉焼けの原因になります。

植え替え
春先、もしくは秋に、根を1cm程に切りそろえ、乾かしてから。

増やし方
春もしくは秋に、水やりは根が出てきてから。。葉挿しや差し芽で増やせます。付け根が少し土に埋まる程度に。

病害虫
ワタ虫(じめじめした時に要注意)、カイガラムシ(見つけたら取り除きます)、夜盗虫。

人気の記事

ヒメムカシヨモギ(姫昔蓬) 1

空き地や道端で誰でも見たことがあるこの草、庭に出てきたので育ててみました。明治時代に日本に来た帰化植物です。鉄道建設に伴って広がっていきました。「御維新草」「明治草」「世代わり草」「鉄道草」と時代を写 ...

イヌホオズキ 2

北海道から沖縄まで道端、空き地、庭先など、我が物顔という訳でもないのですが何処にでもいつの間にか存在しています。イナホオズキ(ホオズキではないという意味)からイヌホオズキ(犬酸漿)になったといわれてい ...

クサギカメムシ 3

以前、室内で見かけたクサギカメムシがモモの汁を吸いにやってきました。今年はカメムシやカナブンなどが沢山やってきてモモの被害が甚大です。ちょっと憎たらしくなります。 クサギカメムシの特徴 カメムシ目カメ ...

-多肉植物, 庭の植物, 植物の構造, 育て方

Copyright© 奥行き1mの果樹園 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.