奥行き1mの果樹園

狭い庭で家庭菜園。完熟の果物を味わいたくて、小さな苗木から育てはじめ、美味しい実がなるようになりました。季節の花や野菜も育てています。庭に来る生き物や雑草も大切な仲間です。

庭の植物 果樹

マタタビ科の植物~ゴールドキウイ

更新日:

ゴールドキウイの花が咲きました。キウイの名前の由来は、ニユージーランドの国鳥キーウィ。1959年アメリカに輸出されるようになった時に命名されたそうです。和名はオニマタタビ、シマサルナシという変な名前もあるそうです。原産は意外にも中国。マタタビ科マタタビ属。マタタビといえば猫、葉っぱを食べるそうですよ。

ゴールドキウイの雌花

ゴールドキウイは日本人のために工夫された品種だそうで、青いものに比べて酸味が少なくて、フルーティですね。刺激が少ないのか、アレルギーがある息子はゴールドの方なら食べられます。

ゴールドキウイの果実

受粉

雄木の花は間に合わなくて、買った花粉を綿棒で受粉させました。あまりにも細かい花紛で、初めて受粉させたときは、ちゃんとついたのか心配でした。6月頃にはほとんど収穫時ぐらいの大きさになりますが、まだまだ。収穫は10月~11月にかけて。その後、更に追熟が必要です。

育てやすい木ですが、毎年のようにキウイヒメヨコバイが葉裏によく付きます。キウイヒメヨコバイは体長3~5mm、雌は全体が黄白色ですが、雄の翅は根元から2/3が紅色できれいなヨコバイです。葉が吸汁されてかすり状になり、果実も被害にあえば凹んでしまいますが、今のところ特に重大な被害が出ないので消毒などはしていません。

庭西側

右側にあるのがヤマモモ、左側にはビワ、挟まれて窮屈そうなのがキウイです。狭いので手前側、左右に枝を伸ばしていきます。ビワの実が重くなって、お辞儀をして、ますます狭苦しくなっています。

関連記事

マタタビ科の植物~ゴールドキウイの収穫

原産は中国揚子江沿岸。和名はオニマタタビ、シマサルナシ。キウイの名はニュウジーランドからアメリカに輸出された折に国鳥のキーウィから名付けられたそうです。マタタビ科マタタビ属の雌雄異株の落葉蔦植物です。 ...

続きを見る

人気の記事

ヒメムカシヨモギ(姫昔蓬) 1

空き地や道端で誰でも見たことがあるこの草、庭に出てきたので育ててみました。明治時代に日本に来た帰化植物です。鉄道建設に伴って広がっていきました。「御維新草」「明治草」「世代わり草」「鉄道草」と時代を写 ...

イヌホオズキ 2

北海道から沖縄まで道端、空き地、庭先など、我が物顔という訳でもないのですが何処にでもいつの間にか存在しています。イナホオズキ(ホオズキではないという意味)からイヌホオズキ(犬酸漿)になったといわれてい ...

クサギカメムシ 3

以前、室内で見かけたクサギカメムシがモモの汁を吸いにやってきました。今年はカメムシやカナブンなどが沢山やってきてモモの被害が甚大です。ちょっと憎たらしくなります。 クサギカメムシの特徴 カメムシ目カメ ...

-庭の植物, 果樹

Copyright© 奥行き1mの果樹園 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.