奥行き1mの果樹園

狭い庭で家庭菜園。完熟の果物を味わいたくて、小さな苗木から育てはじめ、美味しい実がなるようになりました。季節の花や野菜も育てています。庭に来る生き物や雑草も大切な仲間です。

庭の植物 植物の構造

キク科の植物~ゴールデンクラッカー

更新日:

1月から長く楽しませてくれている黄色いはじけるような花、ゴールデンクラッカーです。キク科のユリオプス属は南アフリカを中心に95種類が分布しています。ゴールデンクラッカーはユリオプス属のバージネウス種から作られた園芸種です。

ゴールデンクラッカーの特徴

ゴールデンクラッカーの黄色い頭状花

掌のような葉

羽状深裂の葉が螺旋状に付いて、掌のようなゴールデンクラッカーの葉

常緑低木で、50~150cmになります。葉は深い切れ込みがある羽状深裂、細く短い葉がまるで掌のように見えます。互生に螺旋状に付いて茎を密に覆っています。面白い葉です。

長い花柄の先の黄色いゴールデンクラッカー

1~5月、葉腋から多くの長い花柄を出し、約1cmの黄色い頭状花を付けます。

ゴールデンクラッカーの舌状花と筒状花

キク科ですから周りの舌状花と中央の筒状花からなります。筒状花は先が5裂し柱頭と雄しべがあり両性花です。

ゴールデンクラッカー

果実

ゴールデンクラッカー果実

果実はそう果です。

寒さにも強く丈夫な植物です。5~6月、9月に挿し木にして増やせます。放置すると下の方に葉がなくなり間延びした姿になってしまいます。花が終わると短く切り戻します。

お日様を受けて光を出すかのように輝くような花です。

人気の記事

ヒメムカシヨモギ(姫昔蓬) 1

オオアレチノギクノギハハコ属の越年草です。庭に顔を出したので育ててみました。 ヒメムカシヨモギの特徴 空き地や道端で誰でも見たことがあるヒメムカシヨモギ(姫昔蓬)、北アメリカ原産で明治時代に日本に来た ...

イヌホオズキ 2

北海道から沖縄まで道端、空き地、庭先など、我が物顔という訳でもないのですが何処にでもいつの間にか存在しています。イナホオズキ(ホオズキではないという意味)からイヌホオズキ(犬酸漿)になったといわれてい ...

クサギカメムシ 3

以前、室内で見かけたクサギカメムシがモモの汁を吸いにやってきました。今年はカメムシやカナブンなどが沢山やってきてモモの被害が甚大です。ちょっと憎たらしくなります。 クサギカメムシの特徴 カメムシ目カメ ...

-庭の植物, 植物の構造

Copyright© 奥行き1mの果樹園 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.